読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3710920269

人には添うてみよ、馬には乗ってみよ、酒には酔うてみよ。

シリーズ土佐の駅(45-2)安和駅(JR土讃線・後)

こーち てつ

 太平洋に連なる須崎湾に面した南国感あふれる安和駅。海を眺めた後で、海岸へと向かうことにしました。

 

 

 前篇がまだの方は、ぜひこちらからどうぞ。

 

3710920269.hatenablog.jp

 

f:id:minato920:20160101001437j:plain

 

 駅からの坂道を降りていきます。海側とは違い、山側は日本の農村の風景。

 

f:id:minato920:20160101001438j:plain

 

 海の近くまで山が迫る中、少しだけある平野に田畑と住宅がひしめいています。

 

f:id:minato920:20160101001440j:plain

 

 階段状に登っていく果樹園。

 

f:id:minato920:20160101001439j:plain

 

 荷物運搬用のモノレールを見つけました。今は木々に果実はなく、モノレールはお休み中のようです。

 ここからガードをくぐり、堤防を越えれば、目の前に海が広がります。

 

f:id:minato920:20160101001441j:plain

 

 砂浜に打ち寄せる波は、湾の外の島々に和らげられているとはいえ、太平洋の強いものです。

 

f:id:minato920:20160101001443j:plain

 

 冬の、しかしさんさんと照りつける太陽。

 

f:id:minato920:20160101001442j:plain

 

 岬の手前に何やら建てられています。ホテルなのかレストランなのか、特養施設なのか。

 

f:id:minato920:20160101001444j:plain

 

 砂浜を見下ろす高台に、安和駅を見つけました。

 

f:id:minato920:20160101001445j:plain

 

 上りも下りも、普通列車が来るのはだいぶ先。駅には誰もいません。

 しばらくすると、左手からディーゼル音が聞こえてきました。

 

f:id:minato920:20160101001446j:plain

 

 宿毛から走ってきた特急南風号。 

 

f:id:minato920:20160101001447j:plain

 

 めざす岡山まではあと3時間以上。海沿いを走り山を越え、海を越えるロングランが待っています。

 

f:id:minato920:20160101001448j:plain

 

 しばらくすると、今度は下りの特急が差し掛かりました。

f:id:minato920:20160101001449j:plain

 

 高知から中村を目指す、2両だけの特急あしずり。駅をあっという間に過ぎ去っていきます。

 

 

f:id:minato920:20160101001450j:plain

 

 次の普通まではまだ時間はあるのですが、安和駅に戻りました。列車が来るまで、ベンチでただ海を見ます。

 

f:id:minato920:20160101001451j:plain

 

 ようやくやって来た窪川行。太陽が降り注ぐ列車に乗って、駅を後にしました。