3710920269

それでも、東アジアのななめ上を目指す。

2019プロ野球プレシーズンマッチ・埼玉西武対千葉ロッテ@春野(2019.02.23.)観戦記

f:id:minato920:20190223175008j:plain

 

 2019年も野球生観戦はプレシーズンマッチから。前年に引き続き、埼玉西武ライオンズ千葉ロッテマリーンズの対戦です。

 

 

f:id:minato920:20190223174942j:plain

 

 春野球場にはためく、パシフィック・リーグのチャンピオンフラッグ。10年ぶりにリーグを制したライオンズが誇る優勝旗です。

 ただ、そのライオンズからオフには主力が相次いで流出。

 

 菊池雄星MLBに進出し、

 

 FAで浅村は東北楽天に、

 

 炭谷は読売にそれぞれ移籍、

 

 あげく谷中スコアラー阪神転出という事態に見舞われました。

 そんな中、辻監督が新たにどのようなチームを作っていくかが注目されます。

 

f:id:minato920:20190223174959j:plain

 

 今年もレオとライナの兄妹がやって来ました。ゲート前で写真撮影会もあったそうです。

 

f:id:minato920:20190223174951j:plain

 

 本日のスタメン。両チームで昨年ブレイクした重量級がこの日もそれぞれ4番を務めます。そしてライオンズの打線は浅村が抜けた穴を感じさせない迫力、おかわりですら8番と言うのはやはり怖いです。

 

f:id:minato920:20190223175534j:plain

 

 試合前、ライオンズの応援席前にやって来たレオとライナ。応援する側にとっても、シーズン前の練習の機会は貴重なものです。

 

f:id:minato920:20190223175539j:plain

 

 一方、数で凌駕していそうなのがレフトスタンド。阪神ファンはどこにでもいる、ロッテファンはどこにでも行く、ただ遠征しすぎてマリンに行く金がない((c)やまださん)のが泣き所です。

 

f:id:minato920:20190223175014j:plain

 

 試合前に行われた激励品の贈呈式。目録ではなく、文旦が箱で贈られました。

 

f:id:minato920:20190223175529j:plain

 

 さて試合です。ライオンズの先発本田がマウンドに上がりますが、先頭の岡こそゴロに打ち取ったものの、その後は決め球を欠き、マリーンズ打線につかまります。

 

f:id:minato920:20190223175525j:plain

 

 藤原を歩かせると、続く中村を追い込みながら、最後はライト線に2塁打を放たれ、先制点を奪われます。

 

f:id:minato920:20190223175519j:plain

 

 続く井上もライトへのタイムリーで2点目。この後も安田を1ボール2ストライクから四球を与えてしまいますが、清田に4-6-3の併殺打が出て、何とか大量失点は免れます。

 

f:id:minato920:20190223175815j:plain

 

 一方、マリーンズの先発は石川。こちらは8球で三者凡退と、完璧な内容です。

 

f:id:minato920:20190223175806j:plain

 

 本田は2回表も冴えません。先頭の鈴木に3塁打(2塁打と外野手のエラーで進塁でも良い気がしましたが……)を打たれると、田村の犠牲フライで3点目。さらに3者連続の与四球で満塁としてしまいます。ただ、ここで中村の当たりはサード正面、5-4-3の併殺で辛くも切り抜けます。

 

f:id:minato920:20190223175800j:plain

 

 その裏、普通なら続投しそうなところ、井口監督は石川に代えて松永を送ります。松永は2死からピンチを招きますが、失点は許しません。

 

f:id:minato920:20190223175755j:plain

 

 3回表、ライオンズは2番手として佐野を起用。こちらはいきなり井上と安田に連打を浴びますが、清田は三振、そして鈴木が4-6-3。3イニング連続併殺で3アウト、4点目が入りません。

 

f:id:minato920:20190223175750j:plain

 

 その裏、流石に中継ぎの松永にイニング跨ぎはさせないだろうと思っていたら、はたして登場したのは益田でした。まだ2月ですし、若手を試しそうな段階なのですが、この辺の意図は良く分かりません。

 

f:id:minato920:20190223175940j:plain

 

 ここでライオンズ打線が反撃に出ます。2死1塁の場面で秋山が外野を破る2塁打、これで金子鮪が一気に生還して1点を返します。

 

f:id:minato920:20190223175935j:plain

 

 さらに山川が四球を選ぶと、森友哉がセンター前タイムリーで1点差に詰め寄ります。しかし、ここでセンターの藤原が好返球を見せ、山川は3塁でタッチアウト。能書きに違わぬプレーで、ライオンズのさらなるチャンスを潰しました。

 

f:id:minato920:20190223175929j:plain

 

 4回表、マリーンズがまたも1死から併殺打で攻撃を終えると、裏のマウンドにはかつてライオンズにも在籍した田中が上がります。こちらは三者凡退かつ1奪三振、上々の出来です。

 

f:id:minato920:20190223175924j:plain

 

 5回表、ライオンズの3番手は田村。大卒3年目で期待のかかるシーズンです。

 

f:id:minato920:20190223175918j:plain

 

 そしてこの回、マリーンズは4番井上に代えて新外国人選手のバルガスを起用します。巨漢のスイッチヒッターですが、いかにも「低めに投げとけば大丈夫」感が漂います。この時点では、パラデスで両打には懲りてなかったのかとすら思っていました。

 

f:id:minato920:20190223180117j:plain

 

 ところが、そのパラデスが追い込まれてから放った一打はバックスクリーンへのホームラン!はい、ここ掌を返すところです。当たれば飛ぶのは良く分かりました。

  

f:id:minato920:20190223180112j:plain

 

 その裏、やはりマリーンズは投手交代で、すっかり中継ぎとなった唐川が登板します。唐川は1死から金子鮪にヒットを打たれたものの、その後は牽制で誘い出して挟殺アウト、打席の源田も三振に討ち取り、結果として3人でイニングを終えます。

 

f:id:minato920:20190223180107j:plain

 

 5回が終わってグランド整備の時間です。この合間にレオとライナがサインボールを投げ込んでいます。

 オープン戦でもない練習試合ですが、こうやってファンサービスに力を入れてもらえるのはありがたいことです。ドラゴンズ松坂の事件があって、選手の安全確保に神経を尖らさざるを得ない状況なだけに、今季はマスコットの役割が否応なく大きくなることでしょう。

 

f:id:minato920:20190223180101j:plain

 

 さて試合再開、6回表にマリーンズが吉田が6連続となる併殺に倒れ、観客席からはスコアシートが汚くなるとの声が上がります。そんな直後のマウンドに立ったのは西野、2三振1四球と貫禄の四者凡退です。

 

f:id:minato920:20190223180056j:plain

 

 そして試合は終盤へ。7回表、ライオンズは昨季中継ぎでフル回転した野田を4番手で送ります。

 

f:id:minato920:20190223180244j:plain

 

 ここでマリーンズは1死から途中出場の加藤が歩いて1塁としますが、代打三木のところで盗塁と内野ゴロで2死3塁、ついに連続併殺が途切れます。ここでバルガスに回ってきた2打席目、左腕野田に対して右打席に立ちます。2-1からの放ったのは、今度はセンターフライでしたが、平凡な当たりに見えて意外と伸びました。低めで三振感はまだ拭えませんが、それでも夢と希望は感じさせます。

 そういや、昔そんなスイッチヒッターがいたなぁ、と、ふと思い出しました。

 


左ボッツには夢がある♪

 

f:id:minato920:20190223180240j:plain

 

 ともあれ、マリーンズの攻撃は終了。ライオンズのラッキー7です。

 

f:id:minato920:20190223180235j:plain

 

 練習試合とは言え7回裏、グランドにはレオもライナも出てきます。

 

f:id:minato920:20190223180229j:plain

 

 応援に応えたいライオンズ打線に相対するのは種市。ここでライオンズは先頭の栗山がレフトへの2塁打を放ち、チャンスを作りますが、後が続きません。それでも2死3塁にはなりましたが、金子鮪のセカンドゴロで結局得点はなりません。

 

f:id:minato920:20190223180223j:plain

 

 8回表、ライオンズは5番手に武隈を起用、左腕から左腕の継投でマリーンズ打線を抑えます。その裏は意外にも種市が続投、こちらもライオンズ打線を4人で抑えます。

 

f:id:minato920:20190223180346j:plain

 

 さらに9回表には、野田とともに昨季大車輪だった平井が登場。こちらはマリーンズ打線をこの試合で初めて三者凡退に討ち取ります。

 

f:id:minato920:20190223180340j:plain

 

 ただ、9回裏の攻撃も3イニング目の種市の前に三者凡退に終わり、試合終了。マリーンズが結果として僅差の試合をものにしました。

 

f:id:minato920:20190223180332j:plain

 

 最終スコア。終わってしまえば序盤が全て、という試合でした。

 しかし、負け投手本田、セーブ種市で良いとして、勝利投手は誰になるのでしょうか?