3710920269

それでも、東アジアのななめ上を目指す。

2018.09.14.高知ファイティングドッグス対徳島インディゴソックス@高知観戦記

f:id:minato920:20180915085128j:plain

 

 2018年の高知ファイティングドッグス、気が付けば高知球場最終戦になってしまいました。この日は首位をひた走る割にまだ優勝が決まってない徳島インディゴソックスとの対戦です。

 

f:id:minato920:20180915085129j:plain

 

 9月14日、この日は駒田監督の誕生日です。

 

f:id:minato920:20180915085130j:plain

 

 そして捕手アン・ソング(左から3人目)の誕生日でもあります。それだけに何としても勝ちたいところ。

 

f:id:minato920:20180915085131j:plain

 

 試合前セレモニー、国家独唱が終わったところ。高知球場の試合が終われば、このメンバーが揃うのを見ることはもうありません。そんな記念の1枚です。

 

f:id:minato920:20180915085132j:plain

 

 直後に、7・8月度月間MVPグラゼニ賞を獲得した安藤選手の表彰式が行われました。

 

www.fighting-dogs.jp

 

 賞金は18,000円。年俸を契約期間で日割りしたものの何日分に当たるかは気になるところです。

 

f:id:minato920:20180915085133j:plain

 

 さて試合です。この日の先発は最多勝がかかる岡部。しかしこの日は立ち上がり制球に苦しみ、ストライクを狙ったところを痛打されます。

 

f:id:minato920:20180915085134j:plain

 

 初回は先頭打者を歩かせると、長打が絡んで無死2, 3塁。ここでジェフンがライトにライナーを放ち、3塁走者がタッチアップで徳島が先制します。

 

f:id:minato920:20180915085135j:plain

 

 続く谷田は前進守備の内野を破るセンター前へのタイムリーで、徳島が1点追加。続く三國は三振ゲッツーに仕留めましたが、首位徳島にリードを許してしまいます。

 

f:id:minato920:20180915085136j:plain

 

 その裏、徳島先発は鎌田。こちらも7, 8月度グラゼニ賞受賞者です。

 

f:id:minato920:20180915085137j:plain

 

 ここで高知は先頭の藤原銀がヒットで出たものの後が続かず、2アウトから安藤が三振、と思いきや、ボールが大きく逸れてしまい、この間に安藤が走って振り逃げ成功。そして宮田にタイムリーが出て、1点を返します。ミスに漬け込む野球、大好きです。

 その後も田久見がショートゴロを必死の走りで内野安打に仕立て上げ、何とかチャンスを広げますが、若原が倒れ追加点はなりません。

 

f:id:minato920:20180915085138j:plain

 

 その後は両先発が走者を出しながらもなんとか粘り、しばらく1点差で進みます。しかし、5回に先頭の9番岸が左中間に放った打球がスタンドへ。エアポケットに入ったような気分ですが、徳島が再び点差を2に広げます。

 

f:id:minato920:20180915085139j:plain

 

 岡部は結局5回でマウンドを降り、2番手に上がったのは石井。この日も調子は良さそうなところ、登板早々三者連続空振り三振と腕を見せつけます。次の回もからさん、みのさん、最後こそ外野フライでしたが完璧な内容、セットアッパーとして上のレベルで是非とも見てみたくなりました。

 

f:id:minato920:20180915085140j:plain

 

 そして7回裏、ラッキー7の風船飛ばしも今年は終わりです。ホームゲーム自体は翌日の15日にもう1試合あるのですが、場所は四万十球場、高知市内から片道2時間。行ってる場合じゃありません……

 

f:id:minato920:20180915085141j:plain

 

 この回はトップの藤原銀からの攻撃でしたが、あっさり2アウト。しかし3番高井にレフトオーバーのホームランが出て、高知がまたも1点差に詰め寄ります。

 

f:id:minato920:20180915085142j:plain

 

 ここで徳島は鎌田を交代。二番手に伊藤が上がります。伊藤は安藤をファーストへのファイルフライに打ち取り、反撃を許しません。

 

f:id:minato920:20180915085143j:plain

 

 直後の8回表、石井の後を任されたのは守護神嘉数です。おそらくは2イニング起用というのが気になりますが、きっちり抑えて流れを持ってきたいところです。

 

f:id:minato920:20180915085144j:plain

 

 しかし9回表、嘉数は四球とヒットで2死2, 3塁のピンチを招くと、1番福田にタイムリーを打たれ、2点を失ってしまいました。

 

f:id:minato920:20180915085145j:plain

 

 その裏のマウンドに上がったのは、徳島の守護神相沢。

 

f:id:minato920:20180915085146j:plain

 

 その相沢を前に、高知打線は早々に2アウト。ここで藤原銀がしぶとくヒットを放ちますが、後が続かず試合終了。

 

f:id:minato920:20180915085147j:plain

 

 2018年四国アイランドリーグplus、残り試合はあるのですが、私の観戦は呆気なく終わってしまいました。糸が切れたようにといえばそんな気分ですし、ただそれ以上に終わった感がないまま終わってしまった感じです。

 前にも書いた気がしますが、独立リーグは選手の入れ替わりが激しいところです。この試合が終われば、二度と会わない選手もいる、というかその方が多いぐらいです。なのにまだ9月半ば、こんなに早々に終わってしまっていいものかという思いはあります。

 NPBでも引退の話が出始めた中、四国アイランドリーグplusにも秋が訪れています。

 

 ところで話は全然変わるのですが、

 

f:id:minato920:20180915085148j:plain

 

 この日の試合で巨人のオレンジユニを貰いました。先着1,500名配布だったと思います。ちなみに観客数は約800名。

 頂けるというから頂いたのですが、阪神間阪神沿線でオーセンティックな教育を受け、オーセンティックな文化が刷り込まれた身なだけに、これを着ろと言われても……ねぇ。

 なので、どういう用途に使うのが適切なのか、どなたか教えてもらえないものでしょうか?