3710920269

それでも、東アジアのななめ上を目指す。

2018.08.19.高知ファイティングドッグス対香川オリーブガイナーズ@高知観戦記

f:id:minato920:20180820060159j:plain

 

 前日は首位を独走中の徳島インディゴソックスに大勝した高知ファイティングドッグス、この勢いで一気に借金返済と行きたいところ。この日は前期優勝しながら後期は波に乗れない香川オリーブガイナーズが相手です。

 

 

f:id:minato920:20180820060200j:plain

 

 高知の先発は石井。今年を通じて負けが先行しているものの防御率は3点以内、試合は作れています。石井は初回を三者連続三振で片づけると、この日も裏に高知打線が攻め立てます。

 

f:id:minato920:20180820060201j:plain

 

 先頭の高井がエラーで出塁すると、森田がバント警戒で前進してきた三塁手の頭上を抜くヒットで1, 3塁。そして3番宮田のタイムリーで、この日も高知が先制します。ここで、ホームへの送球間に3塁を狙った森田はタッチアウトとなりますが、この間に宮田が2塁に進み、場面は1死2塁となります。

 

f:id:minato920:20180820060202j:plain

 

 この後安藤がヒットでチャンスを広げると、続く藤原銀がライト前にタイムリーを放ち……というところでしたが、ライナー性の当たりをライトが直接補給するのを走者が警戒、スタートが遅れてしまいました。これを見た香川のライト松井は2塁にボールを送り、1塁走者の安藤を封殺。ですがこの間に3塁走者の宮田は生還し、高知が2点目を得ました。

 

f:id:minato920:20180820060203j:plain

 

 しかし香川も反撃に出ます。4回表、決め球に苦しむ石井を相手に四球と連打で無死満塁のチャンスを作ると、8番妹尾がタイムリー2塁打を放ち、同点とします。

 この後試合は膠着状態に入ります。高知は石井に何とか勝ちを付けたいのですが、2回から香川の先発石田を捕らえきれず、7回には2死2塁で宇佐川がライトにヒットを放ちますが、走者はホームタッチアウトで得点ならず。逆に香川も三振の山を気づき、気が付けば同点で終盤戦を迎えることになりました。

 

f:id:minato920:20180820060204j:plain

 

 そして8回、高知は石井に代えて抑えの嘉数を投入。嘉数は走者こそ出したものの自身の牽制で刺し、反撃の芽を摘み取ります。

 

f:id:minato920:20180820060205j:plain

 

 一方の香川は8回裏も石田続投。ところが、石田は先頭の高井に2塁打を浴びると、森田の内野ゴロで進まれて1死3塁。続く宮田は申告敬遠で歩かせて、1死1, 3塁の場面を迎えます。

 

f:id:minato920:20180820060206j:plain

 

 ここで4番安藤が放ったのはライトへの大飛球、犠牲フライには十分です。これで高知が貴重な勝ち越し点を奪いました。

 

f:id:minato920:20180820060207j:plain

 

 ここで香川は石田を諦め、二番手に又吉を送ります。又吉は四球こそ出したものの後は抑え、1点差で最終回を迎えます。ここで高知は嘉数続投、本来のクローザーの任務を託します。

 

f:id:minato920:20180820060208j:plain

 

 嘉数は先頭打者こそ出したものの、直後を併殺で仕留め、後は難なく抑えて試合終了。

 

f:id:minato920:20180820060209j:plain

 

 昨日とは打って変わっての最終スコア。ただ両日とも相手を2点で抑えたのが利いています。

 

f:id:minato920:20180820060210j:plain

 

 ヒーローインタビューに呼ばれたのは、まず殊勲打の安藤。

 

f:id:minato920:20180820060211j:plain

 

 続いて勝ちこそつかなかったものの、前日の岡部に続くハイクオリティスタートを見せた石井でした。