3710920269

それでも、東アジアのななめ上を目指す。

2018.08.18.高知ファイティングドッグス対徳島インディゴソックス@高知観戦記

f:id:minato920:20180819073225j:plain

 

 後期開幕から不振続きの高知ファイティングドッグス。しかし、これから高知球場での5連戦、球団も各種イベントを用意して集客に努めているだけに、無様な試合を見せるわけにはいきません。連戦の初日は首位徳島との対戦です。

 

 

f:id:minato920:20180819073216j:plain

 

 本日のスタメン。試合中のケガで離脱していたハン・ソングが戻ってきました。

 

f:id:minato920:20180819073218j:plain

 

 この日は江本総監督が試合前に登場。始球式に「かつての上司」という鳩山元首相夫妻を招いたのです。

 にしても夫人のこの格好、街中なら何ら間違いではないと思うのですが、グランド内だとギャグにしか見えません。むしろそっくりさんであってほしいレベルです。

 

f:id:minato920:20180819073219j:plain

 

 ちゃんと調べてはいませんが、おそらく江本総監督が仰るように内閣総理大臣経験者が独立リーグの始球式を務めるのは初めてのことだとでしょう。

 

f:id:minato920:20180819073220j:plain

 

 投球は山なりですがノーバウンドで捕手役の駒田監督の元に難なく届き、スタンドから拍手が起こっていました。あの元首相相手への対応がこれですから、高知の人は本当に温かいです。

 

f:id:minato920:20180819080654j:plain

 

 また、この日は国際ディーということで、外貨だとビールが格安で買えるという企画もありました。3月にアメリカに行った時に余ったドルで私も参戦です。ちなみに当時の記録はこちらを先頭に8回シリーズにて。

 

3710920269.hatenablog.jp

 

f:id:minato920:20180819073231j:plain

 

 掲示にモンゴルの国旗もあったので、記念に撮っておきました。どれか分からない方、調べてみましょう。

 

f:id:minato920:20180819073217j:plain

 

 さて試合です。この日は岡部が先発復帰。中継ぎ起用が続いたのは、体調面の問題があったためだったと聞きました。はたして不安を払拭できるか、立ち上がりが注目されましたが、初回は走者を出しながらも2奪三振、無失点で切り抜けます。

 

f:id:minato920:20180819073221j:plain

 

 するとその裏、高知打線が徳島の先発新田にいきなり襲い掛かります。

 

f:id:minato920:20180819073222j:plain

 

 ヒット2本と四球で無死満塁とすると、4番安藤が犠牲フライで先制。

 

f:id:minato920:20180819073223j:plain

 

 さらに5番藤原銀がヒットで再び満塁とすると、山城のタイムリーで2点を追加。

 

f:id:minato920:20180819073224j:plain

 

 その後2死からハンが三遊間をきっちり破り、さらに1点。

 

f:id:minato920:20180819073226j:plain

 

 そして9番宇佐川にもタイムリーが出て、高知が一挙5点を奪いました。

 

f:id:minato920:20180819073227j:plain

 

 高知の勢いは2回も続きます。先頭の宮田がエラーで出塁すると連続ヒットでまたも満塁。この後岡田が三振に倒れたものの、田久見が新田の投球をしっかり見極め、押し出しで1点をもぎ取ります。

 

 

 

f:id:minato920:20180819073228j:plain

 

 続いてハンが2打席連続のタイムリーで、また1点。

 

f:id:minato920:20180819073229j:plain

 

 続く宇佐川は犠牲フライを放ち、これでこの回3点目です。

 

f:id:minato920:20180819073232j:plain

 

 なおも続投する新田に対し、高知は攻撃の手を緩めません。先頭の森田が死球で出ると、4番安藤がタイムリー、この日2打点目です。

 

f:id:minato920:20180819073233j:plain

 

 さらに藤原銀にもタイムリーが出て、高知がついに10点目を手に入れました。

 

f:id:minato920:20180819073234j:plain

 

 大差をつけられた徳島ですが、直後の4回から反撃に出ます。先頭三國のフェンス直撃の2塁打を足がかりに、安井のタイムリーでまずは1点を返します。

 

f:id:minato920:20180819073235j:plain

 

 5回には2死から谷田が出塁すると、球斗のタイムリーで1点を加えます。まだ試合は中盤、少しずつでも点差を縮めていけば、流れが変わる可能性は十分あり得ます。

 

f:id:minato920:20180819073236j:plain

 

 ところがその裏、高知はヒットと四球で2死1, 2塁のチャンスを作り、またもハンがタイムリー。大差があるとはいえ、貴重な中押し点を奪います。

 

f:id:minato920:20180819073237j:plain

 

 そして後半、徳島は5回11失点(自責点9)の新田をようやく降ろし、二番手に石本を起用。ようやく高知打線を抑えます。

 

f:id:minato920:20180819073238j:plain

 

 一方の高知は岡部が7回を2失点(自責点1)のハイクオリティスタートでまとめ、8回には2番手山崎が登板。こちらは三者連続三振と完璧な内容です。

 

f:id:minato920:20180819073239j:plain

 

 そして最終回、9点差をつけてのマウンドには三谷が上がります。

 

f:id:minato920:20180819073240j:plain

 

 三谷は走者1人こそ出しましたが、その後は連続三振で徳島打線を難なく討ち捨て、これで試合終了。

 

 

f:id:minato920:20180819073242j:plain

 

  ヒーローインタビュー。まずは5打数4安打3打点と大暴れの藤原銀次郎です。

 

f:id:minato920:20180819073243j:plain

 

 続いては6打数3安打1得点、初回には1イニング2安打も記録した高井が登場しました。

 

f:id:minato920:20180819073241j:plain

 

 最終スコアです。徳島は決して打てていないわけではないのですが、この日はけん制死が2つ、併殺3つで攻撃が寸断されました。対する高知は序盤の猛攻もさることながら、中盤の得点で流れが変わる芽をきっちり摘めたのも大きい気がします。

 これまでの鬱憤を晴らすかのような大勝を見せた高知。これを浮上の糸口にできるかが注目されます。