3710920269

それでも、東アジアのななめ上を目指す。

高知県西南の旅(11)西南の道の駅歴訪(大月町、宿毛市)

f:id:minato920:20180520185520j:plain

 

 足摺海底館を出て海岸線を西に走り、土佐清水市に別れを告げて今度は西北へ。ここからは大月町、宿毛市の道の駅へと向かいます。

 

 

f:id:minato920:20180520185511j:plain

 

 高知県南西端のさらに端にある大月町に入り、内陸に入る国道を走り続けると、道の駅大月に到着します。ここは高速バスの停留所にもなっていて、割としっかりしたベンチが置かれています。

 

f:id:minato920:20180520185521j:plain

 

 駐車場には鯉のぼりが渡されています。最近は各地でよく見かけるようになりました。中には鯉ではなく鰹のぼりというのもあったりしますが。

 

f:id:minato920:20180520185523j:plain

 

 道の駅に立てられた大きな看板。この半島をぐるっと回りつつあるのかと思うと、我ながらよくやるなぁと。

 

f:id:minato920:20180520185519j:plain

 

 さて、道の駅大月と言えば絶対に外せないのが苺氷りです。第1回道-1グランプリの準グランプリに輝いたコチラ、高知市内のイベントでも見掛けることはままあります。そして今回、本場に来ました。来てしまいました。あらまぁ。

 

f:id:minato920:20180520185512j:plain

 

 苺氷りだけではなくて、ソフトクリームもあるそうです。ちなみに、広告のコピーの意味が解るのにだいぶかかりました。

 

f:id:minato920:20180520185515j:plain

 

 とはいえ、既に昼の時間は結構回っています。苺氷りの前にお昼ご飯を食べないと、流石に辛い。というわけで、まずはレストランに向かいます。

 

f:id:minato920:20180520185514j:plain

 

 レストランは道の駅の2階。連休ともなると結構賑わっていて時間はかかりましたが、何とか自分たちの順番が回ってきました。

 

f:id:minato920:20180520185517j:plain

 

 マグロや地元の豚・鳥を使ったメニューがいろいろある中で、「さつま汁のちゃんぽん」というのがありました。意外感に惹かれて頼んでみたところ、実は大月町のさらに西南端の柏島に伝わる漁師飯だとか。今回は時間の都合もあり柏島自体には行けないので、思わぬ形で代償行動が果たせました(笑)

 

f:id:minato920:20180520185513j:plain

 

 ご飯も済ませたところで、お待ちかねのデザートタイムです!最大の目標は苺氷りですが、それだけというのも勿体ない。せっかくなので、ばんかんソースのソフトクリームもいっとくことにします。ちなみに「ばんかん」とは河内晩柑という柑橘系の一種です。

 

f:id:minato920:20180520185518j:plain

 

 ばんかんソースソフトと苺氷り。高知の果てまで来たからこその楽しみです。

 

f:id:minato920:20180520185522j:plain

 

 苺氷りは、思い切って全部乗せです。ぜいたくは素敵だ。

 ひとしきり堪能したところで、今度は国道321号線を北上します。

 

f:id:minato920:20180520185528j:plain

 

 次に来たのは、宿毛市中心部手前の道の駅すくも。別名サニーサイドパークという海沿いの道の駅です。

 

f:id:minato920:20180520185529j:plain

 

 道の駅はいちばん奥。他には直売所や食堂が並んでいます。

 

f:id:minato920:20180520185524j:plain

 

 道の駅の上には、映画のロケの記念パネルが掛かっています。ただ、映画はとんと詳しくないもので、はぁ凄いなぁ、という感想しか出てこないのが申し訳ないやら。

 

f:id:minato920:20180520185525j:plain

 

 下に置かれているのは、幡多のイメージキャラクター、はたっぴーのパネルです。位置関係からすると、宿毛は帽子の反対側っぽいです。

 

f:id:minato920:20180520185526j:plain

 

 ここではグッズや地場の農産品が並ぶ一方、コーヒーのお接待が受けられます(別途紙コップ代)。なかなかの本格派です。

 

f:id:minato920:20180520185527j:plain

 

 カウンターから宿毛の海を眺めながら、コーヒーを飲むひととき。そういや去年の暮は、ここから九州に渡ったんだよなぁ、とふと思い出しました。

 

3710920269.hatenablog.jp

 

 コーヒーを味わって次の目的地へと車に戻るところ、ふと食堂の案内が目に入りました。

 

f:id:minato920:20180521213016j:plain

 

 モーニングサービスの提供時間。高知に来てすぐぐらいなら私も驚いたのですが、今はすっかり慣れました(にしてもちょっと長めですが)。私もだいぶ高知に慣らされた、ということです。 

 

[←前回のエントリ] 

3710920269.hatenablog.jp

 

[次回のエントリ→] 

3710920269.hatenablog.jp