3710920269

それでも、東アジアのななめ上を目指す。

2018.04.22.四国サッカーリーグ第3節@春野球技場観戦記(1)llamas高知FC対KUFC南国

f:id:minato920:20180424070254j:plain

 

 四国サッカーリーグ、第3節の2試合が春野球技場で開催。第1試合は先週に続き、

llamas高知FCホームの高知ダービーです。

 

 

f:id:minato920:20180424070255j:plain

 

 試合前の撮影に臨むllamas高知FCイレブン。先週の大敗からどこまで立ち直れるか。

 

f:id:minato920:20180424070256j:plain

 

 今回はアウェー扱いのKUFC南国。上位確保のため、勝ち点も得失点差も稼ぎたいところです。

 

f:id:minato920:20180424071550j:plain

 

 前半戦はKUFC南国のキックオフで開始。次第にペースをつかみますが、得点にはつながりません。

 

f:id:minato920:20180424070257j:plain

 

 前半27分(手元計時、以下特に断りがない場合は同じ)には両チーム選手が接触する場面があったものの、大事には至りませんでした。

 

f:id:minato920:20180424070259j:plain

 

 その後もKUFCは再三llamasゴールに迫りますが、GK大坪が守り切り、前半は0-0で終わります。

 

f:id:minato920:20180424072322j:plain

 

 llamas守備陣は後半開始後もKUFCの攻勢をはね返し続けます。4分には三田のミドルシュートをジャンプ大パチンではじき、その後も好守で得点を許しません。

 

f:id:minato920:20180424073402j:plain

 

 1点が遠い展開のまま、後半も時間が過ぎていきます。それでも、KUFCは何度も攻め上がります。

 

f:id:minato920:20180424072953j:plain

 

 後半10分台にはKUFC相次いで3選手を交代。何とかゴールを割ろうとします。

 って書いたのですが、今見たところ、公式にはKUFC側の交代の記録が出てません。何故だ?

 

www.goalnote.net

 

f:id:minato920:20180424070301j:plain

 

 そして試合が大詰めに差しかかったところで、ついに均衡が破れます。後半38分(公式)、正面やや右から出井が決め、待望の1点をもぎ取りました。

 ただ、ここから試合が動くと思いきや、KUFCが決めきれない状態にすぐ戻ります。アディッショナルタイムには逆にllamasがKUFCゴールに迫る場面も出ましたが、ここはKUFCが守り切り、次の1点が生まれません。

 

f:id:minato920:20180424070302j:plain

 

 結局試合はそのままフルタイム。0-1でKUFCが辛勝しました。

 

f:id:minato920:20180424070303j:plain

 

 痛み分けとはよく言いますが、この試合に関しては、むしろこの展開が両チームにとって痛い気がします。KUFCは得失点差を拡げられず、llamasはあわよくば得られた勝ち点1をつかめなかったわけですし。

 両チームは来週も春野球技場での試合に臨みます。llamasは2位多度津を迎え、KUFCはまだ勝ち点ゼロの光洋シーリングテクノとの一戦。このまま上位下位の勝ち点差が開いていくのか、それとも下位チームが意地を見せるのかに注目です。