3710920269

それでも、東アジアのななめ上を目指す。

2018.04.21.高知ファイティングドッグス対徳島インディゴソックス@高知観戦記

f:id:minato920:20180422081034j:plain

 

 高知ファイティングドッグスのナイター2連戦、2日目は徳島インディゴソックスとの試合です。前日はさっぱりだっただけに、気分を切り替えて臨めるかがポイントです。ま、観る方もですが。

 

  

f:id:minato920:20180422081036j:plain

 

 本日のスタメンです。森田が登録抹消とのことでショートが日高。また田久見が5番に下がっています。

 

f:id:minato920:20180422081035j:plain

 

 本日はドッキーが登場。どういう基準で出てきたり来なかったりするのかはまだ分かりませんが、出てきてくれたのは嬉しいです。

 

f:id:minato920:20180422081037j:plain

 

 ファイティングドッグスの先発は岡部。初回は劇場でしたが何とか無失点で切り抜けると、その後しばらく安定した投球を見せます。

 

f:id:minato920:20180422081038j:plain

 

 一方の徳島インディゴソックス先発は竹内。こちらもドッグス打線を相手に好投し、前半戦は0-0で折り返しとなりました。

 

f:id:minato920:20180422081039j:plain

 

 試合が動いたのは6回表。1死から瀬口がヒットで出塁して盗塁。ここでNPB経験者のジェフンがタイムリーを放ち、徳島が先制します。

 

f:id:minato920:20180422081040j:plain

 

 続く三國はレフトへの2塁打で、さらに1点。

 

f:id:minato920:20180422081041j:plain

 

 さらに岸にもタイムリーが出て、この回徳島が3点を奪います。

 

f:id:minato920:20180422081042j:plain

 

 何とか反撃したい高知ですが、6回は4人で終了。7回も無死1, 2塁の場面で外野フライ併殺となり、無得点が続きます。

 しかし8回裏、高知は先頭の藤原銀(銀二郎)がヒットで出ると、日高も続いて無死1, 3塁のチャンスを作ります。

 

f:id:minato920:20180422081043j:plain

 

 ここで徳島は竹内を降ろし、2番手には河野が上がります。

 

f:id:minato920:20180422081045j:plain

 

 この局面で高知は代打攻勢に出ると、これが当たります。まずは新多がセンターへのタイムリーで1打点。

 

f:id:minato920:20180422081044j:plain

 

 さらに代打山下もヒットを放ち、もう1点を返します。

 

f:id:minato920:20180422081046j:plain

 

 ここで徳島は河野を諦め、伊藤をマウンドに送ります。

 

f:id:minato920:20180422081047j:plain

 

 しかし、その伊藤が痛恨の暴投。高知が追い付きました。伊藤はさらに2四球を出しますが、荒れ球を高知打線が捉えられず、2死満塁としながら勝ち越し点は奪えません。

 

f:id:minato920:20180422081048j:plain

 

 9回表、岡部に代わってマウンドに上がったのは嘉数。ここで抑えれば負けはありません。

 

f:id:minato920:20180422081049j:plain

 

 しかし、かかずは先頭の代打久保に2塁打を打たれると、2アウトまで漕ぎ着けながら四球で1, 2塁のピンチを招きます。そして8回裏に入った森田にタイムリーを許し、2点を奪われてしまいました。

 

f:id:minato920:20180422081050j:plain

 

 このまま逃げ切りたい徳島。最終回を石本に託します。

 

f:id:minato920:20180422081051j:plain

 

 しかし高知も意地を見せます。藤原銀がエラーで出塁すると、1死2塁からハンがタイムリーで1点をもぎ取ります。

 

f:id:minato920:20180423070945j:plain

 

 そしてハンの代走に出たのは投手登録、というか実際投手の石井。NPBでも稀にあるにはありますが、思い切った策に出ます。石井は山下のセカンドゴロの間に2塁に進塁、高知が何とか食い下がります。

 

f:id:minato920:20180422081052j:plain

 

 しかし反撃もここまで。高知があと1点及ばず、連敗となってしまいました。

 昨年と言い一昨年と言い、シーズン開幕直後は調子が良いものの、その後歯車が狂うと、そのままズルズルと連敗を重ねるのを見てきました。それだけに、また今年もかという不安が頭をよぎります。

 ただ、ここで踏み止まれば、今季は違うというのを見せられます。連敗はピンチでもありますが、新たなドッグスを見せられるチャンスでもあるのです。

 そんなことを書きながら、翌日のビジター戦のスコアを見ていたら、先制しながら追いつかれたものの、何とか引き分けには持ち込めたようです。さらに次の試合も徳島戦、ここで勝てるかどうかで、チームの成長度が図れそうな気がします。