3710920269

それでも、東アジアのななめ上を目指す。

2018.04.20.高知ファイティングドッグス対香川オリーブガイナーズ@高知観戦記

f:id:minato920:20180421082836j:plain

 

 久々に四国アイランドリーグplusのナイターが高知市野球場で開催です。仕事が意外に早く終わったので、途中からですが行ってきました。が、着いたら既にビハインド……

 

  

f:id:minato920:20180421082837j:plain

 

 ちょうど投げていたのが、香川の先発森崎。地元出身の選手です。

 

f:id:minato920:20180421082838j:plain

 

 一方の高知は加藤が先発。1回以外は毎回走者を背負う展開です。

 

f:id:minato920:20180421082839j:plain

 

 この試合も4回表終了後にハイボールタイム開催。高くあげたボールを参加者がノーバウンドでキャッチできれば、4回裏の間ハイボールが半額になるというイベントです。今回も無事成功したのですが、残念なことにファイティングドッグスの攻撃はあっさり終了。1杯しか呑めませんでした(ヲイ

 

f:id:minato920:20180421082840j:plain

 

 むしろ長引いたのは直後の5回表、香川の攻撃です。先頭打者の井戸川がヒットで出ると、エラーも絡んで1死3塁となり、9番妹尾のタイムリーで1得点。

 

f:id:minato920:20180421082841j:plain

 

 この後2アウトとなりますが、ここで2番木村にもタイムリーが出て1点を追加。

 

f:id:minato920:20180421082842j:plain

 

 この後ヒットと四球で満塁となり、5番松井のヒットでさらに2点を奪います。相手のミスに付け込んだ香川が、一気に優位に立ちました。

 

f:id:minato920:20180421082843j:plain

 

 6回表、高知は二番手に澁谷を送ります。澁谷はこの回三者凡退に抑えます。

 

f:id:minato920:20180421082844j:plain

 

 一方の香川も早めの継投に出ます。5イニング無失点の森崎に代わり、マウンドに上がったのは又吉。香川から中日ドラゴンズの中継ぎ筆頭格となった又吉克樹の弟です。又吉は6回を打者3人で切って取ると、そのまま続投。高知打線に付け入るスキを見せません。

 

f:id:minato920:20180421082845j:plain

 

 対する高知は中継ぎ陣を相次いで投入。7回表には澁谷が先頭の木村を抑えたところでお役御免となり、三番手に三谷が上がります。三谷は登板早々連打を浴びましたが、その後立ち直って無失点で切り抜けます。

 

f:id:minato920:20180421082847j:plain

 

 8回にはイが登板。こちらは香川の下位打線を3人で片づけます。

 

f:id:minato920:20180421082848j:plain

 

 9回には五番手石井が登場。香川打線がトップに返ったところ、こちらも3人を簡単に打ち取ります。

 

f:id:minato920:20180421082849j:plain

 

 そして9回裏、〆に上がった香川の投手はリチャードソン。高知打線に立ちはだかります。

 

f:id:minato920:20180421082850j:plain

 

 リチャードソンは球数こそ少々かかったものの、最終回を3人で抑えて試合終了。

 

f:id:minato920:20180421082851j:plain

 

 最終スコア。高知にとっては四球とミスでの失点が響きました。もっとも、1安打ではどうしようもないのもまた哀しいところですが。

 

f:id:minato920:20180421082846j:plain

 

 ただ、そんな試合結果は別として、この日良かったというのがライト木村の守備。先行部隊からの報告によれば、1回には1死1塁でライトフライから1塁走者を刺したそうです。見ていると、マメに守備位置を変えていますし、打球の追い方もスムーズ。一歩目が良いのでしょう。打つ方では5打数1安打ながらチャンスで打点も上げていますし、今季注目かも知れませんよ。