3710920269

それでも、東アジアのななめ上を目指す。

2018.04.10.JABA四国大会決勝トーナメント@高知観戦記:決勝戦Honda対トヨタ自動車

f:id:minato920:20180411211158j:plain

 

 第47回JABA四国大会もついに決勝戦。Hondaとトヨタ自動車が優勝と日本選手権出場権を懸けて、最後の戦いに挑みます(Hondaに関しては少しややこしいのですが、それは後程)。

 

 

f:id:minato920:20180411211159j:plain

 

 決勝のスタメンはこうなりました。投手と指名打者以外を固定したHondaに対し、トヨタはクリーンアップ以外で変化が見られます。この辺、試合時間の空きの長短が影響しているのかどうなのか。

 

f:id:minato920:20180411211200j:plain

 

 Hondaの先発幸良は初回三者凡退、見るからに順調な立ち上がりです。

 

f:id:minato920:20180411211201j:plain

 

 一方トヨタの先発小出ですが、いきなり不運に見舞われます。先頭打者を追い込みながらヒットを打たれると、ライトが打球を後ろに逸らし、打者走者が3塁まで進塁してしまいます。

 

f:id:minato920:20180411211202j:plain

 

 この直後の辻野は三振となりますが、続く井上がレフト前ヒットでHondaが先制。

 

f:id:minato920:20180411211203j:plain

 

 さらに4番佐藤が右中間を破る3塁打を放ち、Hondaが1点追加。

 

f:id:minato920:20180411211204j:plain

 

 さらに遠藤がセンターに犠牲フライを放ち、Hondaが3点目を加えます。ライトのエラーが無くてもHondaの得点は同じということにはなりますが、トヨタにとっては感じの悪い内容です。

 

f:id:minato920:20180411211205j:plain

 

 しかし、ここで折れるトヨタではありません。2回表には先頭の沓掛が左中間のフェンスに到達する2塁打を打つと、大城と瀧野の連続セカンドゴロで1点を返します。

 

f:id:minato920:20180411211206j:plain

 

 ところが直後の2回裏、Hondaは1死から木浪が二塁打を放ち、続く辻野のタイムリーで1点を取り返し、なおも1死1, 3塁とします。

 

f:id:minato920:20180411211207j:plain

 

 ここでトヨタは先発投手小出から諏訪にスイッチ。何とか流れを断ち切ろうとします。

 

f:id:minato920:20180411211209j:plain

 

 しかしその直後、3番井上が放ったファウルゾーンへの飛球をレフトが捕ってしまいます。これで3塁走者がタッチアップで生還し、Hondaに5点目が入ります。そのうえ送球間に1塁走者が進塁し、ピンチが続くことになりました。

 

f:id:minato920:20180411211208j:plain

 

 そして、続く佐藤がサードの足元を抜く痛烈な打球を叩き、これが2塁打となってもう1点を奪います。出鼻をくじかれた諏訪はこの後を抑えましたが、序盤でHondaが優位に立ちます。

 

f:id:minato920:20180411211210j:plain

 

 ここから試合はいったん膠着状態に入りますが、それを破ったのはHondaでした。5回裏、2死走者なしから鈴木がライトオーバーのホームランを放ち、中押し点を加えます。

 

f:id:minato920:20180411211211j:plain

 

 後半戦に入り点灯試合となった6回裏、トヨタは3番手に竹内を送ります。竹内は連続三振と内野ゴロでHonda打線を切り捨て、何とか反撃への流れを引き寄せようとします。

 

f:id:minato920:20180411211212j:plain

 

 その直後、トヨタは先頭の沓掛が放った打球がサードベースに直撃。その後グランドを転々とする間に沓掛は2塁に到達します。さらに大城のヒットで無死1, 3塁としますが、瀧野が6-4-3の併殺となり、得られたのは1点だけ。

 

f:id:minato920:20180411211213j:plain

 

 点差が縮まらない中、8回裏トヨタは無失点投球を続けてきた竹内に代え、川尻をマウンドに送ります。川尻は2死から内野安打こそ許したもののHonda打線には捉えられず無失点、最終回に期待をつなぎます。

 

f:id:minato920:20180411211214j:plain

 

 その9回表、Hondaは好投してきた幸良をお役御免とし、クローザーに福田大を送り込みます。対するトヨタは2死から瀧野のヒットで食い下がろうとするも、下石がピッチャーゴロに倒れて万事休す。

 

f:id:minato920:20180411211215j:plain

 

 試合終了。優勝を果たしたのはHondaでした。

 

f:id:minato920:20180411211217j:plain

 

 最終スコア。結果だけを見れば、トヨタに疲れが出たといえそうな感じです。

 

f:id:minato920:20180411211216j:plain

 

 試合後に一礼するHondaのメンバー。都市対抗や日本選手権でもないもので、マウンドで抱き合うでも、胴上げをするでもありません。

 

f:id:minato920:20180411211218j:plain

 

 ここからは試合後の表彰式に備え、準備が進みます。ただ、流石に3試合通しの観戦で疲れましたし、肌寒くもなってきたので、ここで球場を後にすることにしました。
 さて、四国大会で優勝したHondaはこれで日本選手権への出場権獲得……と思っていたのですが、調べると同じく日本選手権対象大会の東京スポニチ大会で優勝しており、出場権は既に取っています。なので、Hondaが所属する関東地区の出場枠が1つ増えることになります。

 

■ 2018年 第44回 社会人野球日本選手権 本戦出場チーム

 

 そんなわけでこの結果、Hondaばかりか準決勝で敗れたNTT東日本にとっても喜ぶべきものになりました。

 

 なお準決勝の模様は、それぞれ下記のリンクからご覧ください。
 

3710920269.hatenablog.jp  

3710920269.hatenablog.jp