3710920269

それでも、東アジアのななめ上を目指す。

2018.04.10.JABA四国大会決勝トーナメント観戦記:準決勝第1試合日本新薬対Honda

f:id:minato920:20180411071602j:plain

 

 第47回JABA四国大会は雨天順延があった関係で、昨日4月10日が最終日となりました。この日は決勝トーナメント、準決勝と決勝を開催します。第1試合は予選リーグ1位のHondaと4位の日本新薬との対戦です。

 

 

f:id:minato920:20180411071603j:plain

 

 準決勝第1試合のスタメン。試合開始予定は9時なのですが、スタメン発表ばかりか試合前の挨拶も終わっています。3試合まとめて1日で終わらせないといけないためか、先日同様プレーボールは繰り上げになりました。

 

f:id:minato920:20180411071604j:plain

 

 Honda先発の東野。初回は三者凡退で抑えます。

 

f:id:minato920:20180411071605j:plain

 

 一方、日本新薬の先発は地元高知高出身の西川。しかしいきなり連続ヒットを浴び、1, 3塁のピンチを招きます。

 

f:id:minato920:20180411071606j:plain

 

 ここで3番井上がセンターオーバーの3塁打を放ち、Hondaが先制。しかし1塁走者は久保田の好返球で刺され、この回の得点は1点止まりです。

 

f:id:minato920:20180411071607j:plain

 

 しかし2回裏、Hondaは2死1塁から篠塚がライト線に2塁打。返球がやや乱れたこともあり、1点を加えます。

 

f:id:minato920:20180411071608j:plain

 

 これで打順はトップに返り、木浪が左中間に2塁打でさらに1点を追加します。しかし木浪自身は三塁を狙ってタッチアウトとなります。

 

f:id:minato920:20180411071610j:plain

 

  日本新薬は早々に西川を諦め、3回から滝谷を起用。滝谷は3回、4回と走者を出しながらも失点は許さず、何とか踏み止まります。この流れを反撃につなげたい日本新薬ですが、2回以降先頭打者を出し続けながらも後が続きません。

  

f:id:minato920:20180411071611j:plain

 

 Hondaは5回裏にも1死満塁のチャンスを作ります。ここで滝谷は5番遠藤を外野フライに抑え、小松に交代となります。

 

f:id:minato920:20180411071612j:plain

 

 すると、6番松田がライト線に2塁打を放って走者2人が生還。Hondaが日本新薬を突き放します。それでも何とか流れを変えたい日本新薬でしたが、2回から7回まで先頭打者を出塁させながら、併殺やチャンスでの凡退が相次ぎ、ホームが遠のきます。

 

f:id:minato920:20180411071613j:plain

 

 結局試合はそのまま進み、9回表には日本新薬が2死2, 3塁と最後のチャンスを作るもあと一本が出ず試合終了。

 

f:id:minato920:20180411071614j:plain

 

 最終スコア。14安打5点のHondaは決して効率の良い攻撃ができたわけではありませんが、それ以上に日本新薬が拙攻に泣いた形となりました。