3710920269

それでも、東アジアのななめ上を目指す。

2018.04.07.JABA四国大会3日目@春野観戦記(2)トヨタ自動車対JR北海道硬式野球クラブ

f:id:minato920:20180408070630j:plain

 

 JABA四国大会、春野球場での第3日第2試合はトヨタ自動車JR北海道硬式野球クラブの試合です。1戦目を制した強豪トヨタに対し、JR北海道クラブはコールド負けで後がありません。

 

 

f:id:minato920:20180408070627j:plain

 

 今回も1塁側のチームが先攻。トヨタ自動車のスタメンです。

 

f:id:minato920:20180408070628j:plain

 

 トヨタで気になっていたのが、かつてベイスターズ・ホークスに在籍した細山田捕手。スタメンではなかったものの、練習中に久しぶりに見かけました。

  

f:id:minato920:20180408070629j:plain

 

 一方のJR北海道クラブのスタメン。こちらはこちらで元イーグルスの武藤投手が気になっていたのですが、先発ではないようです。

 

f:id:minato920:20180408070631j:plain

 

 JR北海道クラブの先発投手は福山。ただ立ち上がりからトヨタ打線につかまります。

 

f:id:minato920:20180408070632j:plain

 

 先頭の水野に安打を許し、続く北村に送られると、3番多木にライト前ヒットを打たれ1失点。逆にトヨタはスムーズな攻撃で流れをつかみます。

 

f:id:minato920:20180408070633j:plain

 

 そのトヨタの先発は嘉陽。こちらは2死からヒットと暴投でピンチを作りますが、後続は絶って無失点で抑えます。

 

f:id:minato920:20180408070634j:plain

 

 すると2回、トヨタは1死から大城が2塁打を放つと、ラストバッター下石が1, 2塁間をしぶとく破るタイムリーで1点を追加。さらにトップの水野がレフトの頭をゆうゆうと超えるホームランでさらに2点を加え、一気に優位に立ちます。

 

f:id:minato920:20180408070637j:plain

 

 トヨタは3回に1死2塁から瀧野のタイムリーで1点を追加。

 

f:id:minato920:20180408070638j:plain

 

 さらに4回には2死1, 3塁からきたむらがライト線を破る2塁打でさらに2点を奪い、大量リードに成功。一方のJR北海道クラブは3回以降三者凡退が続き、反撃の機会がありません。

 

f:id:minato920:20180408070639j:plain

 

 それでも5回表は無失点で切り抜けたJR北海道クラブは6回表、福山に代えて金澤をマウンドに送ります。

 

f:id:minato920:20180408070640j:plain

 

 ところが、金澤は先頭の大城をヒットで出塁させると、続く小畑の場面で暴投(捕逸の可能性もありますが)で3塁まで進塁を許します。ここで小畑にはレフト前ヒットが出て、これでトヨタが8点目。小畑は7回にもタイムリーを放ち、この時点で9点リードとなりました。

 

f:id:minato920:20180408070641j:plain

 

 7回裏、トヨタは2番手に富山を送ります。その富山は四球→三振→四球と続け、内野ゴロで2死2, 3塁の場面を仕立てた末、最後は増川を三振に抑える自作自演ぶり。これで大会規定により試合はコールドとなり、トヨタ自動車の勝ちが決まりました。

 

f:id:minato920:20180408070642j:plain

 

 試合終了。トヨタは予選2勝と上々の出来です。

 

f:id:minato920:20180408070643j:plain

 

 最終スコア。企業チーム時代から北海道代表として都市対抗・日本選手権の常連となっているJR北海道クラブですが、2試合続けて残念な結果となってしまいました。

 2チームとも予選の残り試合は1つ。敗退が決まったJR北海道クラブは、ともに予選で勝ちが無いファイティングドッグスと意地の対戦。トヨタ自動車は予選突破をかけて、同じく2勝の日本生命と衝突します。

 なお、第1試合の模様はこちらから。 

 

3710920269.hatenablog.jp

 第3試合は下記からどうぞ。

 

3710920269.hatenablog.jp