3710920269

それでも、東アジアのななめ上を目指す。

クラウドファンディング「外国人児童生徒の不就学問題を解決したい!」が目標達成

 以前当ブログでもご案内したクラウドファンディング「外国人児童生徒の不就学問題を解決したい!」がこのほど目標金額を達成しました!期限まであと2日に迫っていただけに、とりあえずホッとしています。

 

 

 クラウドファンディングにつきましては、以前のエントリでも取り上げております。

 

3710920269.hatenablog.jp

 

 エントリ執筆直後は順調に資金が集まっていたのですが、その後しばらく頭打ち状態が続いていました。数日前に見たときには、目標金額まで何万円も足りない状態だったので、この状況だと目標達成はかなり厳しいのではと心配していました。ただ、先程あらためて確認したところ、期限まであと2日で、ついに目標金額を達成していたのです。

 以前にも書きましたが、本来私もこのテーマの研究に一緒に取り組むべきところ、諸事情でできなかったという経緯がありました。それだけに多少なりとも貢献したかったのですが、クラウドファンディングが成立しなければそれも無駄になります。それだけに、何とか成立して安堵したというのが正直なところです。

 また、このクラウドファンディングが成立したことで、社会科学系の院生・若手研究者が自力で研究資金を集める道が開かれたというのも、非常に大きな意味があると思います。どれだけ重要な研究を行っていても、奨学金や研究助成を受けられる保証はどこにもないですし、そもそも応募資格がない場合もあります。

 それを考えると、研究資金を獲得するための新しい方法が社会科学者にも開かれていることが事実として示されたわけです。とりわけ立場の不安定な若手研究者にとっては朗報でしょう。今回の成功に続いて、クラウドファンディングで成功する若手研究者が増えることで、彼ら・彼女らの研究環境が良い方に代わってくれればと期待しています。

 あと、自慢になるようでならない話ですが、これで私が支援したクラウドファンディングの連勝記録も伸びてます(笑)自分なりに成功可能性まで勘案して支援の是非を決めているつもりですし、自分の眼に狂いがなかったのが確認できたことも喜んでいます。