読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3710920269

人には添うてみよ、馬には乗ってみよ、酒には酔うてみよ。

2017年春・JR復活路線1泊2日の旅(エピローグ・浪江から高知へ)

f:id:minato920:20170424065340j:plain

 

 駅に戻ると、ほどなく代行バスがやって来ました。浪江から北は1日片道1本だけのバスに乗って、原ノ町に向かいます。

  

f:id:minato920:20170424065341j:plain

 

 浪江駅にしばしのお別れ。次に来る時には、どうかもっと賑わっていますように。

 

f:id:minato920:20170424065342j:plain

 

 以前はバリケードで閉ざされていた国道からの道路も、すっかり開放されています。もっとも、浪江から南の状況は変わっていないのでしょうが。

 

 

f:id:minato920:20170424065344j:plain

 

 バスは小高駅に着きました。ここで時間調整が入るので、いったん外に出てみます。

 

f:id:minato920:20170424065343j:plain

 

 以前来た時は黄色いハンカチがはためいていた駅前の空き地で、たくさんの小さな鯉のぼりが泳いでいます。鉄道の再開という特殊な出来事から、毎年の季節の行事へと祝い事が変わったのを見て、少しでもこの街に日常が戻ってきたのだろうか、という淡い期待を感じます。

 

f:id:minato920:20170424065345j:plain

 

 さらにバスは北へ。沿線は桜が満開です。浜通りに春が戻ってきた、と書けば毎年のことですが、「戻ってきた」という言葉が、不思議に心に響きます。

 

f:id:minato920:20170424065346j:plain

 

 原ノ町駅に到着しました。先に書いた通り、浪江駅ではきっぷが買えなかったので、ここで仙台空港までのきっぷを購入します。普段の旅はフリーのきっぷを使うので意識しないのですが、こうして見ると結構な値段です。

 

f:id:minato920:20170424065347j:plain

 

 ホームに出ると、浪江に行くときに乗った電車が戻っていました。次の出番は、仙台からの電車が来た時です。

 

f:id:minato920:20170424065348j:plain

 

 その仙台発の電車は、朝のダイヤの乱れが残っていて少し遅れましたが、いつぞやとは違い、20分弱の遅れでホームに入ってきます。

 

(朝のダイヤの乱れ) 

3710920269.hatenablog.jp

 

(いつぞや) 

3710920269.hatenablog.jp

 

 折り返しの時間もあまりなく、電車は7分遅れで原ノ町を出発しました。

 

f:id:minato920:20170429075941j:plain

 

 福島のお酒があれば買いたかったのですが、原ノ町NEWDAYSにも残念ながらありません。なぜか気になったデコポンチューハイを買ってみると、熊本産でした。熊本も震災の被害を受け、ちょうど1年経ったのです。こんどは南阿蘇鉄道に乗りに行かないといけませんね(使命感

 

f:id:minato920:20170429075942j:plain

 

 あとは広島から連れ立ってきた日本酒と、仙台みそかつのおむすびで昼ご飯。どうせぜいたくをしたところで高級な味が分かるわけでなし、それより味わいたいのは旅の気分、ならばそれっぽいもので十分です。そもそも、ぜいたくできるほどの稼ぎもないわけですが……

 

f:id:minato920:20170424065349j:plain

 

 前回は夜の旅となってしまい、相馬から浜吉田の車窓はほとんど真っ暗でしかありませんでした。これでようやく外の景色を見ることができたのですが、基本だだっ広く何もない空間が広がるばかりでした。

 

f:id:minato920:20170429075943j:plain

 

 海までの間、一面の更地が続いていきます。復興計画がどうなっているのか分からないのですが、あるいは今後また来るであろう津波のことを考えれば、このまま捨て置かれる土地も多いのかも知れません。

 電車はそんな更地を抜けると浜吉田へ。ここからは取り立ててどういうこともなく、名取ですぐに来た仙台空港行の電車に飛び乗り、さらに牛タンのつまみと酒を買い足してから、仙台を飛び立ったのでした。

 

f:id:minato920:20170424065352j:plain

 

 仙台からは伊丹で乗り換え。いつもなら普通列車で、それかせいぜいバスで、ひたすら地上を走るのですが、なにせ翌日から授業があるので、そんなわけにはいきません。「大人は時間を金で買う」と言いますが、そういうところは私も大人になったのかも知れません。だいぶ買い叩いてますが。

 

f:id:minato920:20170424065351j:plain

 

 伊丹からは、もうだいぶ乗りなれたターボプロップ機。1時間もしないうちに広島と仙台・福島を飛び回る1泊2日の旅が終わり、高知に戻りました。

 

←[すぐ前]

3710920269.hatenablog.jp

 

 2017年春・JR復活路線1泊2日の旅(終点)