読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3710920269

人には添うてみよ、馬には乗ってみよ、酒には酔うてみよ。

今年はいけそう!?2017.04.01高知ファイティングドッグス対福岡ソフトバンクホークス三軍観戦記(試合篇)

f:id:minato920:20170402051632j:plain

 

 待ちに待った2017年の高知ファイティングドッグス開幕戦。いよいよプレーボールです。スターティングラインナップはご覧の通り。マニーは何と1番DH、スタンドからはどよめきが上がりました。

 

 

 試合の前に、ここまでの流れが気になる方は、下のエントリで。

 

3710920269.hatenablog.jp

 

f:id:minato920:20170402051644j:plain

 

 ファイティングドッグスの先発は丸山。初回いきなり1死満塁のピンチを作りましたが、新加入のショート森田の堅守に助けられ、併殺無失点で切り抜けます。

 

f:id:minato920:20170402051649j:plain

 

 ピンチを救った森田。この後も安定した守備でチームを盛り立てます。

 

f:id:minato920:20170402051645j:plain

 

 一方のホークスは伊藤祐が先発。育成選手が初回いきなりスーパースターと対戦します。

 

f:id:minato920:20170402051646j:plain

 

 ついに高知ファイティングドッグス公式戦の打席に立ったマニー・ラミレス。早速スタンドも盛り上がります。注目の初打席はフルカウントまでもつれましたが、最後は三振でした。

 

f:id:minato920:20170402051647j:plain

 

 その直後の2回裏、ファイティングドッグスにシーズン第1号が飛び出します。この回の先頭打者でマニーをスカウトしたザックがセンター前ヒットで出塁すると、今年新たに来日したアンダーソンがライトスタンドへの弾丸ライナー!これで2点を先制しました。ファイティングドッグスはこの後も伊藤祐を攻め立てますが、追加点は奪えず、9番森田のところでイニングが終わります。ということは3回裏、先頭打者はマニーです。

 

f:id:minato920:20170402051648j:plain

 

 マニーは伊藤祐の3球目を捕らえます。そして打球は三遊間を破り、来日初ヒット!一塁コーチのラシィナとハイタッチで喜びを表します。

 それにしても、ドミニカとブルキナファソ、他にはアメリカ、韓国、台湾から選手がわざわざ来る高知。凄いと思いません?

 

f:id:minato920:20170402051651j:plain

 

 この後試合はしばらく膠着状態。5回裏にはマニーに打席が回りましたが、残念ながら三振でした。

 

f:id:minato920:20170402051652j:plain

 

 しかし6回裏、ファイティングドッグスは先頭の新加入安藤がヒットで出ると、2死2塁から宮下がライト前にタイムリーを放ち、待望の追加点を奪いました。

 

f:id:minato920:20170402051653j:plain

 

 3-0で迎えたラッキー7。開幕戦な上にマニー効果で観客数は普段を大きく上回る1,936人。舞い上がるジェット風船の数も俄然違います。

 

f:id:minato920:20170402051654j:plain

 

 この回からホークスは粘投してきた伊藤祐に代えて児玉を起用。その児玉は先頭の山下をヒットで出すと、森田が犠打をきっちり決めて1死2塁。ついにチャンスでマニーに打席が回り、スタンドは大盛り上がりです。

 

f:id:minato920:20170402051655j:plain

 

 ただ、これで児玉が調子を乱したか、期待の打席は全球ボールの四球。外れ方からしたら意図的なものではなさそうですが、ともあれ実質的には敬遠となり、この日のマニーの打席はこれまで。代走にはラシィナが送られましたが、結局ファイティングドッグスは無得点に終わりました。

 

f:id:minato920:20170402051656j:plain

 

 すると8回表、ホークスは2死から樋越が四球を選び、4番九鬼がレフトオーバーのホームラン。1点差に詰め寄ります。さらに張本も四球で出塁すると、駒田監督は丸山を下げて二番手に和田を起用。その和田もいきなり田城を歩かせますが、幸山を抑えて何とか凌ぎます。

 

f:id:minato920:20170402051657j:plain

 

 その裏、ホークスは三番手に星野が登板。星野は2死からアンダーソン相手に四球を出しますがすぐ後を抑え、無失点で最終回を迎えます。

 

f:id:minato920:20170402051658j:plain

 

 そしてその最終回、最少リードの場面でマウンドに上がったのは台湾から新加入の羅国華でした。羅は1死から森山にヒットを打たれたものの、その森山が2塁を欲張ってタッチアウト。最後は松本をセカンドゴロに打ち取りゲームセット!ファイティングドッグス、国内外から注目される開幕戦をものにしました!

 

f:id:minato920:20170402051659j:plain

 

 試合終了後の挨拶。メンバーがごっそり代わっただけに、期待も不安も入り混じる開幕戦でしたが、まずは勝ち切りました。

 

f:id:minato920:20170402051701j:plain

 

 MVPは下村アンダーソンと宮下。例によって監督が写真を撮っています。

 

f:id:minato920:20170402051700j:plain

 

 最終スコア。ヒット数で上回られましたが逃げ切り成功。2点取られたとはいえ、丸山の丁寧かつ省エネ投球が光りました。新戦力も攻守でそれぞれ目立ちましたし、今年はいけるかも!?という期待を抱かせる試合でした。

 もっとも、翌日にはこんな話も。

 

www.daily.co.jp

 

 北古味副社長のお話の通りで、ちょっと早いかなという気はしますが、これも十分想像できたことです。あるいは、自分の思い描く打撃と実際の打席にズレを感じたのかも知れません。幸いこの日のチームは大勝していますし、あとはマニーがコンディションを上げてくれれば問題ありません。4日の試合への出場可否は分かりませんが、何とか予定を見繕って、現地で確認するつもりです。