3710920269

人には添うてみよ、馬には乗ってみよ、酒には酔うてみよ。

シリーズ土佐の駅(107)高知商業前駅(JR土讃線)

f:id:minato920:20170117231555j:plain

 

 はりまや橋から西に進む電車通りの端は鏡川橋の交差点。そこから北に行く道路が高架で線路をまたぐその下に、土讃線高知商業前駅ができたのは、そう古い話ではありません。

 

  

f:id:minato920:20170117231552j:plain

 

 カーブの途中に設けられた駅を、須崎行が思い切り身体を傾けながら出て行きます。

 

f:id:minato920:20170117231553j:plain

 

 須崎・窪川方面の端から眺めると、立体交差の真下で線路も細いホームも湾曲しています。

 

f:id:minato920:20170117231556j:plain

 

 高架の真下に設けられた出入口。元は階段だけだったのが、後からスロープが取り付けられたのが見てとれます。

 

f:id:minato920:20170117231602j:plain

 

 駅の西端の踏切。駅ができる前は今のホームのところに道路が通っていたのか、今も停止線が残っています。

 

f:id:minato920:20170117231554j:plain

 

 踏切からさらに線路はカーブしていきます。そこからは、切り通しを通って鏡川を渡り、さらに西進していきます。

 

 

 

f:id:minato920:20170117231601j:plain

 

 踏切のすぐそばには高知商業高校のグランドが広がります。階段が取り付けられていますが、どうにも通学路には見えませんし、歩道は別にあるので交通上の必要もなさそう。グランドを裏から見物する人のためのものなのでしょうか。確かに、野球部など見物客やスカウトもいそうですが。

 

f:id:minato920:20170117231600j:plain

 

 高知から西へ進む土讃線は、円行寺口駅を出たところで街並みから外れると、電車通り沿いの市街地から北に離れて進んでいきます。

 高知商業前駅がある辺りも、住宅と田畑が混在する地域。少し南に歩けば建て込んできますが、車の音を除けば、休日は静かなものです。

f:id:minato920:20170117231557j:plain

 

 高架の道路に出てみました。南側、鏡川橋の交差点を臨むと、先程とは違ったマンションの立ち並ぶ風景が出現します。

 

f:id:minato920:20170117231559j:plain

 

 北側にも広がる住宅街。その西側に、高知商業のグランドのネットが聳えています。

 

f:id:minato920:20170117231558j:plain

 

 ただ、真下を覗くと、先程の畑地が見下ろせます。

 普通の目線では混み合った住宅街としか見えない風景も、足元を見れば実は違っているのです。

 

f:id:minato920:20170117231605j:plain

 

 駅に戻ってきました。この辺りはワンマン運転でなく、整理券の出ない列車も少なくありません。田舎とはいえ、自動券売機は必要なのです。

 

f:id:minato920:20170117231606j:plain

 

 駅に掲げられた避難場所の写真。避難先は、やはり高知商業高校です。

 

f:id:minato920:20170117231603j:plain

 

 駅の東側、こちらもカーブが続きます。住宅は決して少なくないとはいえ、すぐそばに山が控えているせいで、建て込んだ感じはあまり感じません。

 

f:id:minato920:20170117231604j:plain

 

 両側を木々に囲まれた線路に、屋根のない細いホームが張り付いています。朝夕は通学客で混み合うホームも、通学時間や登校日を除けば、むしろ他よりも簡素な無人駅です。

 

f:id:minato920:20170117231607j:plain

 

 高知行のワンマンカーが、カーブの傾斜に身を委ねながら走ってきました。

 

f:id:minato920:20170117231608j:plain

 

 ちょうど高架下に停まったディーゼルカー。カーブなのでホームの高さは上げられず、段差はかなりのものです。

 この駅の両隣りは特急停車駅。東に進めば、まだ新しい高架上に移った円行寺口、入明を経て、ターミナルの高知へ。

 高校生で賑わう時間を除けば、高知市の西部の土讃線で、高知商業前駅はいちばん静まった駅かも知れません。