読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3710920269

人には添うてみよ、馬には乗ってみよ、酒には酔うてみよ。

シリーズ土佐の駅(104)東新木駅(とさでん交通後免線)

こーち てつ

f:id:minato920:20161202062451j:plain

 

 田辺島通から高知市内の中心街に向けて直進を続ける後免線。その途中で東新木の停留所に立ち寄ります。

 

 

f:id:minato920:20161202062449j:plain

 

 鏡川橋行の電車が、停留所を出て行きます。今は空気を乗せているだけですが、市街地に入っていくにつれて、徐々に乗客が増えていきます。

 

f:id:minato920:20161202062453j:plain

 

 電車が去った後の伊野方面。この先も、ノーガード電停は続いていきます。

 

f:id:minato920:20161202062450j:plain

 

 後免町方面にあるのはノーガード電停。狭い道路と線路の敷地に住宅街が迫る中、独立した停留所を作る余裕はなさそうです。

 

f:id:minato920:20161202062452j:plain

 

 後免町方面への線路。奥に田辺島通の停留所のオレンジ色をした屋根が見えます。東新木の停留所は、久々に伸びた直線の中にぽつりと置かれています。

 

f:id:minato920:20161202062454j:plain

 

 近くの道から、舟入川の堤防に出てみました。この辺りまで来ると川幅はさらに広まり、堤防の内側に降りる階段も限られます。川は、流れを増して下流へとただ流れるのみです。

 

f:id:minato920:20161202062455j:plain

 

 堤防上に掲げられている標識。堤防でなぜ一般車両の進入が認められないのか、なぜ農耕車なら認められるのか、考えてみればよく分かりませんが、川向うに広がる農地に向かう農耕車は、この道を通るのかも知れません。

 

f:id:minato920:20161202062456j:plain

 

 停留所に戻ってきました。伊野行のホームが、国道への出入口にすっかり挟まっています。

 

f:id:minato920:20161202062457j:plain

 

 背中のない長ベンチ。とさでんではあまり見かけるものではありません。

 

f:id:minato920:20161202062458j:plain

 

 後免町行の電車がやってきました。電車を待っていた乗客が、道路上の安全地帯に出てきます。

 ちなみに、この停留所の名前は「ひがししんぎ」と読みます。