読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3710920269

人には添うてみよ、馬には乗ってみよ、酒には酔うてみよ。

From PDX, OR, USA (3) ポートランド市内彷徨

けんきう きよういく

f:id:minato920:20161119122230j:plain

 

 ポートランドの朝が来ました。今日はミーティングに出てから、市内を観察してみようと思っています。

 

 

f:id:minato920:20161119122243j:plain

 

 MAXの線路沿いを少し歩くと、途中から路面区間が終わり、その先は電車だけの専用軌道になっていました。

 

f:id:minato920:20161119122244j:plain

 

 市内中心地は路面を走り、郊外は専用軌道を走る。いかにもLRTの設計ですが、日本の路面電車だって似たような路線は昔からあるんですよね。とさでんだって、西の端の方は、道端とはいえどうやったって自動車が走れない線路の作りになってますし。

 街によっては新しく導入したり、復活させる必要があるかも知れませんし、既存路線だって車両や駅の設備をテコ入れする必要はもちろんあるんでしょうが、"LRT"という位置づけが新しいだけで、日本にまったくないものではないというのは、もう少し一般に浸透してもいいような感じはあります。

 

f:id:minato920:20161119122231j:plain

 

 南方面行の電車がやって来ました。3両セットの電車が連結されています。アメリカと言えば超のつく車社会というイメージはどこへやら、ここでは鉄道が賑わっているようです。

 

f:id:minato920:20161119122232j:plain

 

 反対側には中心街への電車が到着。ミーティング会場へ向かいました。ちなみにこの日は1日乗車券を購入。MAXと路面電車とバス、市内の公共交通が全て利用できて1日5ドルです。ただ、10ドル札で購入したら1ドルコイン5枚がお釣りで帰って来たのには難渋しましたが。

 

f:id:minato920:20161121130758j:plain

 

 ミーティングは無事終わり、予定通り時間ができたので、市内を回ることにします。あいにくの曇天模様ですが何とか雨は降らずに済んでいます。

 ポートランドの中心街は近代的なビルに交じって、このような昔ながらの建物が保存されています。ただ、聞けば耐震化は後手に回っているとのこと。アメリカ西海岸はどこで自身が起きても不思議はないですし、いざという時の不安は小さくなさそうです。

 

f:id:minato920:20161119122233j:plain

 

 ポートランドの中心、パイオニア・コートハウス前まで来ました。観光地で稀に見かける、やたらめったら行先の多い標識です。

 

f:id:minato920:20161119122234j:plain

 

 日本の地名で唯一見かけたのが、なぜか札幌。後で調べたら姉妹都市でした。

 

f:id:minato920:20161119122235j:plain

 

 周辺の噴水は動いてはいませんでしたが、いろいろ動物の像があって、それはそれで面白いです。

 

f:id:minato920:20161123190739j:plain

 

 小鹿が休んでいます。って、小鹿で合ってますよね?

 

f:id:minato920:20161119122237j:plain

 

 すましたビーバー。こっち見んな。

 

f:id:minato920:20161119122320j:plain

 

 こっち見んなその2。

 と写真を撮っていると、いきなり声をかけられました。見ると通りがかりの女性が「見て!飛び出してるのよ!」と一言。何のことか分からず戸惑っていると、さらに「ほら!飛び出してるでしょ!」。

 

f:id:minato920:20161119122321j:plain

 

 彼女が指す方を見てようやく分かりました。ビーバーが飛び出していたのです。

 彼女からすれば写真を撮るアジア人を見かけたので、旅行者だと思い案内してあげようと思ったのでしょう。礼を言ってその場を後にしました。

 

f:id:minato920:20161119122238j:plain

 

 ここからMAXで川を渡ります。お土産を買うのにスーパーマーケットに行きたいのですが、気になる店が中心街から外れたところにあるのです。

 

f:id:minato920:20161119122319j:plain

 

 MAXの超低床車両。停留所も道端の歩道沿いなので、段差はありません。

 電車にはいろいろな人が乗ってきます。途中の駅で乗り込んできた男性は、いきなり他の乗客、おそらく全く知らない相手に話しかけてきました。いわく、自分は缶バッジを作っているので、良かったらもらってくれないか、ということ。売ってるのではなくタダで配っているようです。そして、気がついたら私も3つもらっていました。

 日本の電車なら考えられない展開です。というか、話しかけた時点で、かなりの確率で無視されて終わりでしょう。ただ、この電車ではコミュニケーションが成り立ったわけです。

 先程の女性も含めて、見知らぬ人に何の断りもなし、いきなり話しかけてくる。これがアメリカの典型かどうかは分かりません。ただ、知らない相手に対してもオープンだったり、缶バッジをタダで作って配るという何の利益にもならない(というか完全赤字でしょう)、日本では確実に怪しまれることができたりしてしまうのは、気楽でいいなぁと思ったのは事実です。

 子どもに声をかけることすら犯罪者予備軍扱いされかねない国から来た者からすれば、こういう他者に対する気兼ねのなさは羨ましいものです。そして、こうだからこそ多種多様な人々が居場所を見つけられるのでは、と思ったりします。さらに良ければ私の居場所もぜひ、と思ったり。

 

f:id:minato920:20161119122245j:plain

 

 さて、電車は目的地のハリウッドに着きました。

 

f:id:minato920:20161122225516j:plain

 

 といっても、皆さんご存知のあちらではありません。あくまでポートランド市内のハリウッドです。

 

f:id:minato920:20161122225519j:plain

 

 駅前のバスターミナルは、ちょうどバスがすべて出てしまったところ。平日の昼ということもあってか、人の姿はほとんどありません。

 ともあれ、目指すスーパーマーケットは駅のすぐそばで迷わず到着。オーガニック系のお菓子を買い集め、無事目的を達成してハリウッドを後にしました。

 

f:id:minato920:20161119122246j:plain

 

 中心街に戻って遅い昼ご飯。ファーストフードでドンブリのお店があったので、ふらりと入ってみました。割りばしの袋に説明のイラストがあるところに、東アジアを離れたことを実感してみたりします。

 それにしても、ご飯にアボガドを載せて食べるのを発明した人は天才だと思います。彼か彼女か知りませんが栄光あれ。

 

f:id:minato920:20161122230102j:plain

 

 昼食も済み、さらに市内を歩いていると、日本でおなじみのコンビニエンスストアを発見。アメリカにもあるんですね!

 

 ……ここツッコむところですからね(真顔で)

 

f:id:minato920:20161119122242j:plain

 

 最低限の買い物は済んだので、MAXでホテルに戻ります。

 道路を走る電車と言えば、道路の中央部分の場合も道端の場合もありますが、たいていはどちらかをずっと走ります。ただポートランド市内の場合、停留所は道端、途中は道路中央部という区間をまま見かけます。その分電車はグネグネ進みますが、道端を車と電車が分け合っている、と考えれば、納得いかないではありません。

 

f:id:minato920:20161119122248j:plain

 

 夕食は買い込んだサラダとサンドイッチ、つまみとお酒をホテルの部屋で。味気無いように見えるかも知れませんが、この日はマンデー・ナイト・フットボールの生中継があったのです。あくまでテレビとはいえ、本場の環境で観戦できたのは、なんか良かったです。次はぜひともスタジアムで観てみたいものです。