3710920269

人には添うてみよ、馬には乗ってみよ、酒には酔うてみよ。

2016北海道・東日本パスの旅(2)湯本からいわき、いわきから竜田へ

f:id:minato920:20160928065037j:plain

 

 旅行2日目。ニュースは天気が悪くなると伝えていて、外を見れば風も強くなっています。とはいえ、ここに留まっていて何が解決するわけでもありません。名残惜しいですが、ホテルを出て北上を続けます。

 

 

f:id:minato920:20160928065022j:plain

 

 雨の湯本駅前。笛を吹くおじさんに見送られ、さらに北を目指します。

 

f:id:minato920:20160928065025j:plain

 

 いわき・仙台方面へのホームには足湯があります。ただ朝が早いためか、お湯は張られていませんでした。

 

f:id:minato920:20160928065040j:plain

 

 湯本温泉の伝説。全国に動物や鳥が見つけた温泉がありますが、そのうち野生化したヌートリアやアライグマが温泉を見つけたとかいう話が出てくるのでしょうか。あまり出てきてほしくないですが。

  

f:id:minato920:20160928070728j:plain

 

 湯本駅駅名標には、市内の学校の生徒が地元の風景を描いたものがあります。

 

f:id:minato920:20160928070727j:plain

 

 1本1本絵柄は違っていて、フラ・ガールを描いたものも。

 

f:id:minato920:20160928065038j:plain

 

 こちらは地元のキャラクター「フラおじさん」とのこと。

 

hula-ojisan.jp

 

f:id:minato920:20160928065026j:plain

 

 駅を眺めている間に、いわき行の電車がやってきました。強くなった雨に不安を感じつつも、今度はゆっくり訪れられることを期待して、湯本を後にします。

 

f:id:minato920:20160928065027j:plain

 

 いわき駅で乗り換えて、常磐線をさらに北へ。

 

f:id:minato920:20160928065029j:plain

 

 電車はいわき市を抜け、竜田駅に到着したところで折り返します。

 

f:id:minato920:20160928065028j:plain

 

 この先は相変わらず不通区間。ただ北からの電車は、原ノ町から小高まで来るようになりました。

 南北の線路がふたたびつながるまで、まだ何年もかかりますが、その間に電車の走る区間は少しずつ伸びていきます。そのたびに私はここに来ることになるのでしょう。

 ただ、今はとりあえずここから代行バスに乗り換え、小高を目指します。