読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3710920269

人には添うてみよ、馬には乗ってみよ、酒には酔うてみよ。

最後は必ず笑おうぜ:2016.09.16.高知ファイティングドッグス対徳島インディゴソックス観戦記

こーち やきう

f:id:minato920:20160920203033j:plain

 

 今季のファイティングドッグスの試合もあと1つだけ。最終戦はシーズン2位でチャンピオンシップ出場を決めた徳島インディゴソックスが相手。ただここで勝てば後期最下位脱出が確定、きっちり最後を締めたいところです。

 

f:id:minato920:20160920203036j:plain

 

 この日は少年野球の選手による始球式が行われたのですが、10人以上が投球するため、この規模の始球式を2回に分けて行いました。流石にこんなのは見たことがありません。

 

f:id:minato920:20160920203035j:plain

 

 本日のスタメン。ファイティングドッグスは投手を除き、昨日と全く同じオーダーです。

 

f:id:minato920:20160920203037j:plain

 

 ファイティングドッグス先発は岡部。初回、2回は走者こそ出たものの、難なく切り抜けます。

 

f:id:minato920:20160920203038j:plain

 

 一方の徳島は先発橋本直樹。こちらも序盤は無失点です。

 

f:id:minato920:20160920203039j:plain

 

 ただ、この日もファイティングドッグスは先制される展開。3回に先頭の谷がヒットで出ると、宮下に送られると打順トップに戻って橋本球史がタイムリー2塁打を放ち、1点を失います。

 

f:id:minato920:20160920203040j:plain

 

 続く4回には先頭のセゴビアがソロを放ち、点差は2に広がります。

 

f:id:minato920:20160920203041j:plain

 

 その裏、徳島はチャンピオンシップを見据えてか、早々に投手交代に出ます。ここで登板したのは山藤。

 

f:id:minato920:20160920203042j:plain

 

 その山藤に対し、ファイティングドッグスは2死からヒットとエラーで走者を溜め、銀次郎がレフトへのタイムリー2塁打で同点に追いつきます。この後5回は双方譲らず、同点で試合を折り返します。

 

f:id:minato920:20160920203043j:plain

 

 6回には嘉数が登板。この回はヒットこそ1本許したものの、奪三振2で無失点に抑えます。

 

f:id:minato920:20160920203044j:plain

 

 徳島の3番手は宇田。念のため書いておくと、この日はバックネット裏の1塁寄りで観戦しています。つまり、宇田がまさに背中を向けている方向がホームベースになります。あと、この場面は1塁牽制でもありません。打者に向けて投球しています。

 

f:id:minato920:20160920203045j:plain

 

 そんな感じで、対戦相手ながら注目してしまう投手でしたが、この日は冴えません。先頭の深江にはヒット、ザックにはぶつけ、中村の犠打で1死2, 3塁としてしまうと,

宮下にライトへの勝ち越し犠牲フライを上げられます。さらに3塁への送球で相手エラーも出て、ザックも生還。高知が3日連続で逆転勝ち越しに成功しました。

 

f:id:minato920:20160920203046j:plain

 

 ここで宇田はマウンドを降ろされ、後には卯名根口が上がります。ここで浅野は内野ゴロに倒れ、追加点はお預けになります。

 

f:id:minato920:20160920203047j:plain

 

 ところが7回、先頭の代打大城と河田に連打が出て山下が送り、さらに深江の当たりが野選を誘い、まずは1点追加。

 

f:id:minato920:20160920203048j:plain

 

 さらにザックにはレフトへの2塁打が出て2点追加。ファイティングドッグスが一挙5点差でインディゴソックスを突き放しました。

 

f:id:minato920:20160920203049j:plain

 

 8回には嘉数の後に平良が登板。拡大版勝利の方程式です。

 

f:id:minato920:20160920203050j:plain

 

 一方の徳島は8回裏にゾーゾー・ウーが6番手登板。ヒット1本の無失点で抑えます。

 

f:id:minato920:20160920203051j:plain

 

 そして9回、平良は先頭こそ出したものの、後は抑えて試合終了!

 

f:id:minato920:20160920203052j:plain

 

 本日のスコア。今季最終戦で、ファイティングドッグスが快勝しました!

 

f:id:minato920:20160920203053j:plain

 

 今季最後のヒーローインタビュー。

 

f:id:minato920:20160920203054j:plain

 

 ……後ろに中村がいますね。

 

f:id:minato920:20160920203055j:plain

 

 インタビュー終了。というところで、水のたっぷり入ったバケツを持って登場。今日のヒーロー2人を襲撃です。

 

f:id:minato920:20160920203056j:plain

 

 これにザックも加わり、最後の大騒ぎです。

 

f:id:minato920:20160920203057j:plain

 

 その後は選手会長から、今季終了の挨拶。

 

f:id:minato920:20160920203058j:plain

 

 そして選手全員が集合。このメンバーでグランドに立つ、最後の機会です。

 

 NPBMLBとは異なり、独立リーグは選手としての通過点。もちろんここで次の道に進む選手が多いのですが、本来は長くいる場所ではありません(もっとも、そんなチームに10年在籍したあげくに社長になった人もいますから、何でも例外の可能性には開かれているのですが)。

 なので、来年は今年とはガラッと変わったチームになることでしょう。新たな名前がが一挙に加わり、見知った選手が相次いで去っていく。それも独立リーグです。

 ともあれ、チャンピオンシップに出るチームにとっては、ここからが本当の勝負。そして何より、10月20日、NPBのドラフト会議が、独立リーグ選手にとって最大のヤマ場です。今シーズン、高知球場で楽しませてくれた選手たちの幸運を祈ります。