読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3710920269

人には添うてみよ、馬には乗ってみよ、酒には酔うてみよ。

2016.8.10.高知ファイティングドッグス対徳島インディゴソックス観戦記

f:id:minato920:20160811175125j:plain

 

 先週から後期が開幕した四国アイランドリーグプラス。ファイティングドッグスは前期惜しいところまで行きながら、最後は息切れして最下位になってしまっただけに、今季こそ上位進出を狙いたいところです。

 

f:id:minato920:20160811175124j:plain

 

 そんなファイティングドッグスに加わった新戦力の深江。関西独立リーグからNPB入りして一軍の試合も経験、戦力外後は海外の独立リーグで転戦したジャーニーマンです。

 

f:id:minato920:20160811175126j:plain

 

 この日の先発は秋山。しかし、初回からうまくいきません。

 

f:id:minato920:20160811175127j:plain

 

 四球とヒットで2死2, 3塁のピンチを作り、5番泰山の打席でエラーが出て1失点を奪われます。 

f:id:minato920:20160811175128j:plain

 

 一方の徳島先発は木下。早々に崩して主導権を奪い返したいところです。

 

f:id:minato920:20160811175129j:plain

 

 で、その木下相手に、2アウトから祐人がタイムリーで早速追いつきます。

 

f:id:minato920:20160811175130j:plain

 

 ですが、秋山が流れを作れません。3回には陳小捷のソロで勝ち越しをし許すと、

7番渡辺の打席で又もエラーが出て2点を勝ち越されます。

 

f:id:minato920:20160811175132j:plain

 

 とはいえ高知は食い下がります。2アウトからまたも祐人が今度は2点タイムリー。今期のファイティングドッグスは違うぞ、と思ったところでしたが、この後がいけません。

f:id:minato920:20160811175133j:plain

 

 4回にはセゴビアのタイムリーで徳島が2点を奪うと、

 

f:id:minato920:20160811175134j:plain

 

 その裏は2番手山藤が早々に登板。

 

f:id:minato920:20160811175135j:plain

 

 高知が攻めきれずに無得点に終わると、直後の5回表は徳島ラストバッター小平のタイムリーで1点を失います。

 

f:id:minato920:20160811175136j:plain

 

 さて、この日は試合前に、5回終了時のイベントはホームラン競争という旨聞いていました。ただグランド整備中にボールを飛ばすわけにはいかないはずで、どうするのかと思っていたら、ファウルゾーンで軽めのボールを飛ばすようになってました。右奥に置かれた低い柵を越えればホームランです。ただ見た目ほど簡単ではないようで、1人3球の持ち球ですべて柵越えができたのは1人だけでした。

 

f:id:minato920:20160811175137j:plain

 

 6回、高知は秋山を引っ込め、金城を登板させます。ところが、これが誤算となりました。

 

f:id:minato920:20160811175139j:plain

 

 エラーに連打でピンチを招くと、5番青山のレフト前タイムリー。

 

f:id:minato920:20160811175138j:plain

 

 6番泰山にはライトに運ばれさらに1点、

 

f:id:minato920:20160811175140j:plain

 

 7番渡辺にはセンター前2点タイムリーと大炎上してしまいました。

 

f:id:minato920:20160811175141j:plain

 

 この後徳島は小刻みな継投に出ます。6回には四球に暴投が重なった山藤を山下の打席途中で橋本に交代。橋本はそのまま四球こそ出しましたが後続を断ち、7回もヒットは許しながら併殺で切り抜けます。

 

f:id:minato920:20160811175142j:plain

 

 一方の高知は3番手に丸山が登板。7回8回と1つずつ死球を出したものの、失点は許しません。

 

f:id:minato920:20160811175143j:plain

 

 徳島は8回に卯名根口を起用。2四球ながらこちらも無失点で凌ぎます。

 

f:id:minato920:20160811175144j:plain

 

 9回には高知4番手の方田が1四球無失点の投球。試合は3-10のまま9回裏に入りました。

 

f:id:minato920:20160811175145j:plain

 

 徳島のマウンドに上がったのはアンダースローの石澤。先頭の河田にこそヒットを許しましたが、その後は三振と内野ゴロであっさり2アウト。しかし、これまでチャンスは作りながら4併殺で分断されてきた高知打線がようやくつながります。

 

f:id:minato920:20160811175146j:plain

 

 この日セカンドでエラー2つと振るわなかった祐人がタイムリーでまず1点。

 

f:id:minato920:20160811175147j:plain

 

 銀次郎のヒットに続き、3回からマスクをかぶっていた浅野のタイムリーでさらに1点。

 

f:id:minato920:20160811175149j:plain

 

 さらに途中出場の松本も内野安打で望みをつなぐと、山下が2点タイムリーで、ようやく一打同点の場面を作ります。

 

f:id:minato920:20160811175150j:plain

 

 流石に徳島もしびれを切らして投手交代、松本が後を引き受けます。ここで高知は代打にザックを起用。この日の山場がやって来ました。

 

f:id:minato920:20160811175152j:plain

 

 しかし、ザックはあえなくサードファウルフライに倒れ、徳島が逃げ切り。

 

f:id:minato920:20160811175151j:plain

 

 最終スコア。打ててないわけではないだけに、4併殺と守備の乱れが惜しまれます。もっとも、併殺という結果だけを嘆いても仕方ないわけで、なぜそうなったかをしっかり考えないといけないわけですが。