読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3710920269

人には添うてみよ、馬には乗ってみよ、酒には酔うてみよ。

2016.7.17.サッカー天皇杯高知県予選準決勝観戦記(第1試合:高知大学サッカー部対KUFC南国)

こーち さかー

f:id:minato920:20160718145009j:plain

 

 四国サッカーリーグ7月初めの試合以降、高知での開催はしばらく空きますが、その間に天皇杯の予選が進行中です。この日は準決勝が開催予定で、第1試合は高知大学サッカー部対KUFC南国の試合となっています。

 

 

 今回の対戦は大学生対クラブチーム。というと、一般的には後者が優勢なイメージがあるでしょうが、前者は天皇杯予選13連覇中(高知新聞記事)の強豪で準決勝からの参戦、後者は3回戦からのシードとはいえ、その大学生を含む設立初年度のアマチュアチームです。おのずと関心は、KUFCがどれだけ食い下がれるかということになってしまいます。

 さらに言えば、この2チームは人的交流があるだけでなく、ユニホームも似ていれば(よく見ると自体が違いましたが)、どちらも背中の広告が馬路村農協のもの。流石にチームロゴは違いますが、遠目では分かりません。この日はキックオフ後に到着したのですが、そんなせいで最初はどちらがどちらか判断がつきませんでした。周囲の観客の話や、正面の広告の違いなどを何度も確認して、ようやく区別ができたのですが、どちらのチームも略称としてKUが使えるので、まだ混乱しそうになりました。と考えると、KUFC南国と高知ユナイテッドSCのダービーがダービーなら、こちらは兄弟対決とでもなるのでしょうか。

 ちなみに、ホーム扱い(赤)が高知大学、アウェー扱い(白)がKUFC南国……で合ってますよね?

 

f:id:minato920:20160718145010j:plain

 

 この日も暑いので、バックスタンドの木陰で観戦。相変わらずの臨場感、というところですが、実はピッチの位置が以前よりちょっとだけ遠くなったようです。

 

f:id:minato920:20160718213237j:plain

 

 ご覧の通り、すこしずらされてます。全くの憶測ですが、芝の状態が悪いので、少しでもピッチをずらして同じ場所が集中してえぐれるのを防いでいるのでしょうか。 

 

f:id:minato920:20160718145028j:plain

 

 さて試合ですが、KUFC南国が前半をスコアレスドローで乗り切ると、後半18分(例によって手元計時)にコーナーキックからキーパーがタッチミスしたところを井上が押し込み、先制してしまいます。

 

f:id:minato920:20160718145011j:plain

 

 21分には大西が左からのシュートで追加点を奪います。

 

f:id:minato920:20160718145012j:plain

 

 点差を拡げられた高知大学でしたが、24分に後藤がキーパーと1対1の場面を作り、きっちり決めて1-2とします。高知大学はこの後も攻勢を仕掛けますが、シュートが枠になかなか入りません。アディッショナルタイムに入るとまたもキーパーと1対1の場面が生まれますが、これもファインセーブに阻まれ得点ならず。これで勝負あったか、と思われました。

 

f:id:minato920:20160718205730j:plain

 

 

f:id:minato920:20160718145013j:plain

 

 ところが、まさに直後にキーパーが投げたボールが高知大学の選手に当たってバウンドが変わるハプニング発生。このこぼれ球を勝田がミドルレンジから決め、土壇場で同点とします。

 

f:id:minato920:20160718145019j:plain

 

 結局前後半はこのまま2-2で終了。大会規定では、準決勝までは40分ハーフ(!)、これで決まらなければ延長戦なしのPK対決です。

 

f:id:minato920:20160718145014j:plain

 

 PK戦の先攻は高知大学、KUFC南国は勝利寸前からいきなりプレッシャーのかかる場面に放り込まれました。

 

f:id:minato920:20160718145015j:plain

 

 PK戦が始まりました。高知大学は1人目からしっかり決めてきます。

 

f:id:minato920:20160718145016j:plain

 

 一方のKUFC南国は、1人目からキーパーに阻まれて得点ならず。さらに追い込まれてしまいました。

 

f:id:minato920:20160718145017j:plain

 

 このあと、両者は次々とゴールネットを揺らしていきます。

 

f:id:minato920:20160718145018j:plain

 

 何とか食らいつくKUFC南国。

 

f:id:minato920:20160718145020j:plain

 

 ちなみに、順番は一応確認してアップしてますが、間違ってたら優しく教えてくださいね。

 

f:id:minato920:20160718145021j:plain

 

 3人目を終わって3-2.1本差が続きます。

 

f:id:minato920:20160718145022j:plain

 

 高知大学は4人目も成功。KUFC南国、コースは読みながらもあと一歩届きません。

 

f:id:minato920:20160718145023j:plain

 

 外せば終わりのKUFC南国でしたが、中央に蹴り込んで望みをつなぎます。

 

f:id:minato920:20160718145024j:plain

 

 しかし、高知大学は5人目も決めて、この時点で勝負あり。PK戦、5-3のストレート勝ちです。

 

f:id:minato920:20160718145025j:plain

 

 思いきり喜ぶ、というよりは、どこか安堵の表情という印象もある選手たち。ただとにもかくにも、決勝進出が決まりました。

 

f:id:minato920:20160718145026j:plain

 

 試合終了。KUFC南国にとってはあまりに惜しい試合でしたが、あと一歩のところまで相手を追い詰められたのを自信にしても良いのではないでしょうか。

 

f:id:minato920:20160718145027j:plain

 

 試合終了後、挨拶に来た高知大学の選手たち。

 このあと第2試合のロッサライズKFC対高知ユナイテッドSCの勝者と、天皇杯出場をかけて2週間後に対戦します。