読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3710920269

人には添うてみよ、馬には乗ってみよ、酒には酔うてみよ。

ラバー・ダック、春の狭山池に現る(その3)

アヒルちゃん

f:id:minato920:20160424164834j:plain

 

 狭山池博物館から池まで戻ってきました。池のほとりを歩きながら、アヒルちゃん見物です。

 

 

f:id:minato920:20160418213754j:plain

 

 アヒルちゃんの対岸には新しめの高層マンション。かつてのさやま遊園の辺りでしょうか。

 

f:id:minato920:20160418213755j:plain

 

 アヒルちゃんの奥、池の向こうに大阪狭山市役所があります。大阪狭山市は1980年代に狭山町から市に昇格、埼玉県の狭山市と紛らわしいか何かで、「大阪」を冠しました。なので狭山町時代をおぼろげに覚えてたりします。

 

 

f:id:minato920:20160418213756j:plain

 

 堤沿いを歩いたり、ジョギングしたりする人々。現地の看板によれば狭山池は一周2.8キロ程度だそうで、そこそこの運動をするには良い距離かも知れません。

 

f:id:minato920:20160418213757j:plain

 

 アヒルちゃんの向こうに見える白い塔はPLタワー(大平和記念塔)。南河内で最も目立つ建物の1つ、っていうか最も目立つ建物ですが、登ったことはありません。

 

f:id:minato920:20160418213758j:plain

 

 池に浮かぶ神社の近くまで歩いてきました。

 

f:id:minato920:20160418213759j:plain

 

 青い空と水面、緑の山と芝生、そして黄色いアヒルちゃん。

 

f:id:minato920:20160418213800j:plain

 

 神社、博物館、タワー、そしてアヒルちゃん。

 私は狭山池にこれまで来たことがないですし、一方でアヒルちゃんにはすっかり馴染んでしまったもので、今目の前に広がる光景を特に違和感なく受け入れているのですが、地元の方からすればどうなんでしょうね。

 

f:id:minato920:20160418213801j:plain

 

 もっとも、アヒルちゃんがいなかったとしても、他の大都市郊外ではなかなかお目にかかれない光景だとは思いますが。

 

f:id:minato920:20160424164830j:plain

 

 池には野鳥のたまり場もあります。ちなみにアヒルちゃんは所属先があるので、野鳥ではありません。

 

f:id:minato920:20160418213802j:plain

 

 アヒルちゃんとタワー。平和への願いというのも、いろんな形があるものです。

 

f:id:minato920:20160418213803j:plain

 

 アヒルちゃんの近くで見つけた花壇。"1400"、狭山池築造からの年数を示しています。(続く)

 

(これまでのエントリ)

3710920269.hatenablog.jp

 

 

3710920269.hatenablog.jp