読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3710920269

人には添うてみよ、馬には乗ってみよ、酒には酔うてみよ。

土佐・嶺北の早春賦・大豊町南大王の第28回福寿草まつりに行ってきました(福寿草篇)

 

f:id:minato920:20160221072709j:plain

 

 土佐・嶺北大豊町、晩冬から早春の恒例行事、今回で第28回となる「福寿草まつり」に行ってきました。

 

 

 大豊町南大王集落。高知道大豊インターから国道32号線を北上、国道439号線で東進して、落合集落で橋を渡ると、ここから福寿草の里までのルートは主に2つ。われわれは怒田集落経由、(たぶん)近道だけど細い道のルートを取ります。怒田への坂道を駆け上がり、途中で福寿草の里行きの看板を目印に右折して、そこからはさらに細い道を進んで山奥へと分け入っていきます。

 冬枯れしてなおほの暗い森の中、片方はガードレールもほとんどないありのままの崖、同じ1車線でも幅の余裕がほとんどない道をしばらく進むと、駐車場が開けてきました。福寿草の里です。

 

※ もう一方のルートは未踏ですが、坂はさほど急ではないと聞いています。ただし、どちらのルートも冬タイヤの使用を強く推奨します。

 

f:id:minato920:20160221072707j:plain

 

 福寿草鑑賞のルート案内。山の上まで上がっていくと、休憩所と売店があります。

 

f:id:minato920:20160221072708j:plain

 

 福寿草の里の入口で400円の協力金を支払い、中に入ります。ここで杖の貸し出しもあります。

 

f:id:minato920:20160221072717j:plain

 

 遊歩道の途中で撮ったのですが、ご覧の通りの坂道です。足に不安のある方は、遠慮なく杖を利用されるのが良いでしょう。

 

f:id:minato920:20160221071849j:plain

 

 遊歩道沿いを流れる渓流に、福寿草が早速咲いていました。

 

f:id:minato920:20160221072712j:plain

 

 県からの表彰を示した掲示。その下にも福寿草が咲いています。

 

f:id:minato920:20160221071850j:plain

 

 一面に咲く福寿草。この花自体あまり見たことが無いところ、ましてこれだけ群生するのを見るのは初めてです。

 

f:id:minato920:20160221071851j:plain

 

 冬の薄日を浴びて開ききった花。

f:id:minato920:20160221072710j:plain

 

 こちらはまだ咲き始めたばかり。もう少し暖かくなるのを待っているのでしょうか。

 

f:id:minato920:20160221072711j:plain

 

 撮影失敗……上手くいったと思ったのに、接写は本当に難しいです(涙)

 

f:id:minato920:20160221072713j:plain

 

 こんな感じで、福寿草の花、花、花です。

 

f:id:minato920:20160221072714j:plain

 

 福寿草まつりは1ヶ月にわたって開かれます。それだけシーズンは長いのです。

 

f:id:minato920:20160221072721j:plain

 

 花には詳しくない私ですが、これだけの群生地がそうそうないことぐらいは分かります。かなりの山道ですが、思い切って来るだけの価値はあると思いますよ。

 

f:id:minato920:20160221072722j:plain

f:id:minato920:20160221072715j:plain

 

 歩いていると、ナンテンの木を見つけました。その下にも福寿草が咲いています。

 

f:id:minato920:20160221084956j:plain

 

 ナンテンの実。この時期が終わることには、山深い南大王にも春が訪れるのでしょう。

 続いては蛇体神社篇もお楽しみください。

(参考)第28回福寿草祭り・イベントチラシ(PDF)