読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3710920269

人には添うてみよ、馬には乗ってみよ、酒には酔うてみよ。

シリーズ土佐の駅(33)あかおか駅(土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線)

f:id:minato920:20151125163830j:plain

 

 後免を出て徐々に海へと近づいていく列車は、あかおか駅に着いたところで海岸線に出会います。

 

 

f:id:minato920:20151125163831j:plain

 

 海沿いの高架の駅。高知行きの列車が発車したところです。

 

f:id:minato920:20151125163832j:plain

 

 駅は漁港と、その先の太平洋に臨んでいます。

 

f:id:minato920:20151125163833j:plain

 

 ホームからの階段を降りると、いきなり「どろめ」の文字。意味が分からない人にとっては、謎のインパクトを受けるひらがなの羅列です。

 この「どろめ」とはイワシの稚魚のことですが、ちりめんじゃことは違って天日干しをしていない生のものです。赤岡はどろめ漁の盛んな地域で、毎年春には「どろめ祭り」が開かれています。香南市のサイトにも解説がありますが、どう見ても酒飲みのお祭りです。

 

f:id:minato920:20151125163839j:plain

 

 「どろめ」と効果を隔てて反対側には「絵金」。これまた知らない人には謎です。こちらは幕末から明治初期の絵師広瀬金蔵の愛称。駅の近くには作品を集めた絵金蔵というのもあるそうです。

 

f:id:minato920:20151125163841j:plain

 

 その絵金にちなんで、あかおか駅のキャラクターも「あかおか えきんさん」。

 

f:id:minato920:20151125163834j:plain

 

 あかおか駅にいるのはえきんさんだけではありません。ごめん・なはり線の高架下には、各駅のキャラクターが一堂に会しています。この写真で言うと、手前が奈半利側になります。

 

f:id:minato920:20151125163835j:plain

 

 こちらが後免側。

f:id:minato920:20151125163836j:plain

 

 えきんさんも、もちろん並んでいます。

 

f:id:minato920:20151125163846j:plain

 

 名前のインパクトと言えば、この「中日そば」も見逃せません。これは和風だしに中華麺という取り合わせの麺料理。同種のものとしては姫路駅の「えきそば」が有名ですが、こちらは複数の店舗がそれぞれオリジナリティあるものを作っているところが特徴的です。

 

f:id:minato920:20151125163837j:plain

 

 えきから海の方へ歩いてみることにしました。海岸の手前で、何やら高札が立っています。

 

f:id:minato920:20151125163838j:plain

 

 読むと、ここは幕末期に建てられた砲場の跡だそうです。太平洋のすぐそばとなると、ここ以外にも砲台跡がいろいろありそうな気がします。

 

f:id:minato920:20151125163842j:plain

 

 少し歩くと、漁港に出てきました。

 

f:id:minato920:20151125163843j:plain

 

 こちらはソーラーパネルが並ぶメガソーラーではなくて、じゃこの天日干し場です。

 

f:id:minato920:20151125163844j:plain

 

 夏を思わせる日差しを浴びながら、漁港で休む船。既に今日の出番は終えている時間です。

 

f:id:minato920:20151125163845j:plain

 

 太平洋岸とはいえ、堤防に囲われた漁港の水面は穏やかそのものです。

 

f:id:minato920:20151125163840j:plain

 

 再び駅に戻ってきました。あかおか駅には駅舎がないので、それぞれのホームに直接上がることになります。

 

f:id:minato920:20151125163847j:plain

 

 ホームに出てすぐ高知行きが入線。わずかな乗客を降ろすだけで、発車していきました。

 

f:id:minato920:20151125163848j:plain

 

 今度は奈半利行きの快速が到着。ここから太平洋沿いの高架路線を快走していきます。