3710920269

人には添うてみよ、馬には乗ってみよ、酒には酔うてみよ。

2015夏 宮城・常磐鉄道紀行(7)女川の海を望む

 女川駅を出て、数年ぶりに海を眺めてみることにしました。あの海を。

 

f:id:minato920:20150915190528j:plain

 

 女川は街を新たに作りはじめた最中。工事現場の柵に、完成図が描かれています。

 

f:id:minato920:20150915190521j:plain

 

 駅正面の並木道は既にできています。まだ若い街路樹が、いかにも完成したてのニュータウンのようなイメージを与えます。

 

f:id:minato920:20150915190523j:plain

 

 しかし、その周囲はほとんど工事現場。未開通の道や柵の向こうに、ところどころ建設中の建物が姿を現しています。

 

f:id:minato920:20150915190524j:plain

 

 海岸付近は柵ばかり。海にはなかなか近づけません。

 

f:id:minato920:20150915190530j:plain

 

 前に訪れたときは、何も考えずに海沿いまで行けた街。

 

f:id:minato920:20150915190531j:plain

 

 今は、海までの道はまだありません。工事現場となった海岸には柵が作られ、近づくところではないという警告を発しています。

 

f:id:minato920:20150915190525j:plain

 

 その向こう、何とかデジカメの望遠を効かせて見た先に、漁船が並んでいます。それでも海とともに暮らす人々がいます。 

 

f:id:minato920:20150915190534j:plain

 

 あの海。今では遠い存在になってしまった海。

 それでも、恵みの海……