3710920269

人には添うてみよ、馬には乗ってみよ、酒には酔うてみよ。

2015夏 宮城・常磐鉄道紀行(4)石巻市内を歩く(上)

 市役所から石巻の市街地を歩いてみることにしました。夏空とは言え東北地方、高知と比べれば歩きやすい気候です。

 

 

f:id:minato920:20150913071800j:plain

 

 朝のラッシュ時が終わり、静かな通り。石ノ森先生のキャラクターが描かれた幟が両脇を固めています。

 

f:id:minato920:20150913072257j:plain

 

 ポストにも乗っかってます。

 

f:id:minato920:20150913071805j:plain

 

 ここにも仮面ライダー。おそらく初代だと思いますが、詳しいことは分かりません。

 

f:id:minato920:20150913072102j:plain

 

 『佐武と市捕物控』の主人公、岡っ引きの佐武と按摩の市……だそうです(作品を知らなかった

 

f:id:minato920:20150913072107j:plain

 

 『星の子チョビン』の主人公チョビン。って私が生まれる前のアニメなんですが、いまでも愛されているんですね。

 

f:id:minato920:20150913072248j:plain

 

 アニメ『さるとびエッちゃん』の猿飛エツ子。これまた40年以上前のアニメの主人公です。

 

f:id:minato920:20150913072110j:plain

 

 と、石ノ森作品のキャラクターを紹介してきましたが、それだけが石巻市の売りではありません。今年は地元の社会人野球チーム、日本製紙石巻都市対抗野球に出場したのです。ご存じない方は「社会人にとっての甲子園」ぐらいに考えればそう外れてはいません。大会自体は7月に終わっていたのですが、それでも地元にとっては誇らしいことなのです。ちなみに高知には四国銀行の野球部があって、都市対抗出場経験もそこそこあるのですが、去年今年はどうも振るいません。何とか頑張ってほしいんですが……

 

f:id:minato920:20150913072117j:plain

 

 さておき、10数分ほど歩いたところで北上川を渡ります。橋の先にある中州に不思議な形の建物がありました。

 

f:id:minato920:20150913072119j:plain

 

 これは石ノ森章太郎作品の博物館「石ノ森萬画館」です。ちなみにこの中州はニューヨークのマンハッタンをもじって「マンガッタン」と呼ばれているとか。

 

f:id:minato920:20150913072234j:plain

 

 東日本大震災では北上川を遡上した数メートルの高さの津波によって付近は甚大な被害を受けました。その爪痕は今も残っています。

 

f:id:minato920:20150913072121j:plain

 

 北上川付近は今も工事中。大震災前の姿を取り戻すにはまだ時間がかかりそうです。

 

f:id:minato920:20150913072124j:plain

 

 石ノ森萬画館も1階に津波が押し寄せ、展示品が流される被害を受けましたが、復旧を願う人々の思いが通じて2012年には再び開館することができたのです。

 

f:id:minato920:20150913072146j:plain

 

 萬画館のすぐ近くまで来たところ、駐停車禁止の厳しいお達し。こういうのはきちんと守らなきゃいけませんよね。

 

f:id:minato920:20150913072136j:plain

 

 石ノ森萬画館の玄関口に、サイボーグ002と石巻のヒーロー、シージェッター海斗

 

f:id:minato920:20150913072201j:plain

 

 萬画館のゲートには仮面ライダーと、このクルマは何でしたっけね。

 

f:id:minato920:20150913072220j:plain

 

 ロボコンとガンツ先生。大震災で津波の直撃を受けたところから復活したコンビですが、復活を遂げ、今は玄関口で来客を迎えます。

 で、こうなると館内が気になるのですが、残念ながらそこまで見る時間はありません。それに、どうせなら詳しい人に案内してもらった方が断然面白い。次の機会に期待しつつ、マンガッタンを後にしました。