3710920269

人には添うてみよ、馬には乗ってみよ、酒には酔うてみよ。

北川村夏紀行(2)モネの庭マルモッタン・風の丘と光の庭篇

 水の庭から先に進むと、こんな看板を見つけました。

 

f:id:minato920:20150812142552j:plain

 

 

 展望台まで1キロとは言いませんが、結構な距離の登り坂があるようです。とはいえ、せっかくここまで来たのだからと、目指してみることにしました。

 

f:id:minato920:20150812142555j:plain

 

 幾重にも折れる坂を上がっていくと、展望台に登る前から結構な景色です。夏の日にこの天気、日差しの強さは伝わるかと思いますし、確かに暑いのは暑いです。ただ日陰に入ると気温がだいぶ違いますし、時折信じられないほど涼しい風が吹いてくるので、外歩きが意外と苦にならないんですよ。

 

f:id:minato920:20150812142559j:plain

 

 さらに歩いて、ようやく展望台に到着しました。

 

f:id:minato920:20150812142603j:plain

 

 眼下にさらに広がる太平洋。こんなフランスもあったもんなんですねぇ。

 

f:id:minato920:20150812142606j:plain

 

 振り返ると、駐車場と入場ゲートが。こんなに登ってきたんですね。

 

f:id:minato920:20150812142632j:plain

 

 さて、展望台は展望台だけなので早々に降りるとして、帰りは別の道を歩いていくと、光の庭にたどり着きました。

 

f:id:minato920:20150812142610j:plain

 

 水の庭と同じようにモネの絵が掲げられているようですが、こちらは絵の中と風景がいささか違うようです。もっとも、別の季節にはもっと似通ってくるのかも知れませんが。

 

f:id:minato920:20150812142613j:plain

 

 こちらはモネが旅した地中海と高知の植栽を合わせつつ、周辺を借景にすることで、他にどこにもないモネの庭園として作り上げられているのだとか。

 

f:id:minato920:20150812142617j:plain

 

 それがモネの庭園なのかどうかと言われると、私にはいまいち分かりません。ただ「どこ」という特定が難しい不思議な風景が目の前に広がっているのを見ると、あまり深く考えることもないか、とすら思えてきます。

 

f:id:minato920:20150812142622j:plain

 

 少なくとも、花々の間を飛び回る蝶にとっては、何だろうが安らげる場所があれば良いという話です。

 

f:id:minato920:20150812142626j:plain

 

 ちなみに、ここまで庭園の話ばかり書いてきましたが、光の庭の近くにはフィールドアスレチックの設備もいくつかあります。

 ただし、基本は子ども向けだと思った方が良いです。このスロープ、試しに登ってみたら、綱も何もなくても普通にてっぺんまで登れてしまいました。むしろ降りる時の方が面倒だったり。