3710920269

人には添うてみよ、馬には乗ってみよ、酒には酔うてみよ。

高知でウエスタン・リーグ観戦:オリックス対ソフトバンク第2戦(5/20)

 高知でのウエスタン・リーグ2試合目。この日は松坂大輔の登板があるというニュースが流れ、前日の倍近くの観客が集まりました。そのせいで、ホームのオリックス側よりもソフトバンク側の観客がどう見ても多くなってます。

  

f:id:minato920:20150524144633j:plain

 

 ……ところが、ふたを開けてみればホークス先発は東浜。こちらはこちらで元大物ルーキーなのですが、観客にとっては肩透かし。こういう役どころを回される辺り、東浜はやはり「持ってない」んでしょうか。

 

f:id:minato920:20150524144649j:plain

 

 そんな事も関係あってかなくてか、どうにも大人しい感じのスタンド。って前日もでしたが。

 それでも何とか盛り上げようとしているのが、オリックス二軍スタジアムDJのケチャップ。もともとは湘南シーレックス(現横浜DeNAベイスターズ二軍)のDJでしたが、現在はオリックス二軍のDJ。地方開催が多いチームについて、あちこち出かけているようです。

 ちなみに公式ブログです。

 

ameblo.jp

 

f:id:minato920:20150524144710j:plain

 

 さて、オリックス先発は昨年ドラフト1位の山崎福。球数は多いながらも粘り強い投球で失点を逃れます。

 

f:id:minato920:20150524144718j:plain

 

 対する東浜も走者は出しますが、守備の助けを得て5回無失点。投球自体は期待外れとは言わせません。

 

f:id:minato920:20150524144731j:plain

 

 そんな中、ついに投球練習に登場した松坂。間近で見ようとファンが三塁側フェンスから相次いで身を乗り出して、ケチャップの注意を受けます。地方開催の二軍試合なので警備員もおらず、DJも繰り返し注意しなければならないのが辛いところです。

 

f:id:minato920:20150524144743j:plain

 

 そして6回、満を持して登場した松坂なのですが、先頭の堤に2球目を捉えられ、センターオーバーの3塁打。

 

f:id:minato920:20150524144755j:plain

 

 続く岩崎にもレフトへきっちり運ばれて犠牲フライ。たったの5球で失点です。これは太輔モードか?この時点では炎上の予感すら強いものがありました。

 ただ、走者がいなくなって気持ちが切り替わったのか、後続を2人続けて抑えると、7回も1安打ながら無失点。立ち上がりとは別人のような投球を見せました。

 

f:id:minato920:20150524144803j:plain

 

 オリックス山崎福は7回を5安打3四球ながら無失点で終えると、8回には高木が登板してこちらも無失点。

 

f:id:minato920:20150524144825j:plain

 

 ホークスは8回に巽が登板、こちらは1回2三振三者凡退。これでサンドバッグキャラ脱出でしょうか

 

f:id:minato920:20150524144838j:plain

 

 そして最終回、最小リードを守るべくマウンドに上がったのは小松。かつての2ケタ勝利投手にして第2回WBC代表も、以後はケガもあって愛犬団体への寄付金が積めませんかつての輝きが取り戻せません。何とか復活への道筋をつけたいところです。

 

f:id:minato920:20150524144846j:plain

 

 しかし、復活への思いは松中信彦、この男だって強い。1死から代打で登場すると、ライトポール際へ上がった大飛球。ファウルになるかと思いましたが結局切れず、そのままスタンドイン。パワーも技術も感じさせる一打で、ホークスがゲームを振り出しに戻しました。

 

f:id:minato920:20150524144850j:plain

 

 そしてその裏、こちらも復活にかける柳瀬がマウンドに上がります。しかし、先頭の坂口をヒットで出塁させると、さらに川端のヒットで無死1, 3塁のピンチを招いてしまいます。

 ここで打者は奥浪。この日は3打席2三振に内野ゴロ、その次の武田は3打数2安打と勝負するのは怖い。ホークス側の選択は奥浪勝負でした。

 しかし、1打出ればサヨナラの場面、通例なら奥浪を歩かせて塁を詰め、本塁封殺、あわよくば併殺を狙うところです。まして1塁走者の川端は初球で盗塁(捕手張本が投げる姿勢を示さなかったため、公式に盗塁が記録されていない可能性あり)、これで1塁が空いたわけです。ここで欲をかいてアウトを取りに行ったらやぶへびにならないか?などと妻と話していたところ、

 

f:id:minato920:20150524144856j:plain

 

 恐れていたことが現実に。奥浪が放った打球は二遊間を抜けていき、坂口がゆうゆう生還してゲームセットです。

 両先発の粘投で緊迫した試合が、終わってみれば小松のごっつぁん勝ちで、高知での2試合はオリックスが連勝。一方のホークスは松中の一発も報われず、松坂は不安の残る内容と、前日ともども寂しい高知の夜になってしまいました。