読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

3710920269

人には添うてみよ、馬には乗ってみよ、酒には酔うてみよ。

高知でウエスタン・リーグ観戦:オリックス対ソフトバンク第1戦(5/19)

こーち やきう

 ウエスタン・リーグのオリックスソフトバンクが今年も高知市野球場で開催。2試合とも観戦に行ってきました。まずは1試合目の模様をレポートします。

 

f:id:minato920:20150522192727j:plain

 

 試合前のセレモニー。市長や観光協会などから、花束と高知の特産品が両チームの選手に贈られます。

 

f:id:minato920:20150522192742j:plain

 

 始球式。なかなか体格のいい左腕、今後楽しみです。

 

f:id:minato920:20150522192749j:plain

 

 さて、試合に先立って本日のスタメンです。久々に松中を、しかも4番DHで見られたのは喜ぶべきか悲しむべきか。一方のオリックスにしても縞田坂口川端の並び。地方遠征用にスタメンを豪華にしたわけでもなかろうに、一軍が大変な時期によくこの辺の選手を二軍に置いておけるなぁと思ったりもします。川端いらんのなら日ハムにくれ

 

f:id:minato920:20150523052612j:plain

 

 でもって、オリックス先発は一昨年ドラフト1位の吉田一。二軍相手では格の違いを見せます。本来なら上で投げているはずの投手なのですが、調整登板でしょうか。

 

f:id:minato920:20150523052903j:plain

 

 一方のホークスも元ドラフト1位の加治屋。ところが、こちらは初回に大炎上。

 

f:id:minato920:20150523053430j:plain

 

  先頭の堤をいきなり歩かせると縞田にはぶつけ、坂口のヒットで無死満塁となると、川端の打席でショートにエラーが出てまず1失点。

 

f:id:minato920:20150523053449j:plain

 

 続く宮崎もサードへの内野安打で2点目。不運と言えば不運ですが、打球自体は悪くなかったですし、それまでに走者を溜めたのが悪いとも言えます。

 

f:id:minato920:20150523053457j:plain

 

 さらに奥浪は体重90キロ以上の体格を活かして押し出しで3点目。

 

f:id:minato920:20150523053506j:plain

 

 さらに7番山本のライト前タイムリーで2点を加えると、9番武田の犠牲フライで6得点目。オリックスは3回にも坂口の犠牲フライで1点を加え、投げては吉田一がヒットこそ打たれるものの失点は許さず、試合を完全に支配します。

 

f:id:minato920:20150524112410j:plain

 

 意地を見せたいホークス。そして、このままで終われない松中。一軍復帰へのチャンスが見えず、チームも大量ビハインドと意気上がらぬ中、それでも4打席2安打と気を吐きますが、後の打者が続きません。

 

f:id:minato920:20150524112445j:plain

 

 加治屋は4回で降板。5回からは育成のサイドスロー伊藤大が2イニングを無失点に抑え、試合の流れが落ち着いてきます。

 

f:id:minato920:20150524113942j:plain

 

 一方の吉田一は7回先頭の真砂を内野安打で出し、次の細川を抑えたところでお役御免。後を託された大山は打者2人を抑え、この回も無失点です。

 

f:id:minato920:20150524114324j:plain

 

 その裏、ホークスは3番手に嘉弥真を起用、7回裏は無失点で切り抜けます。

 

f:id:minato920:20150524114339j:plain

 

 直後にはルーキー坂寄がオリックス3番手として登板。1人を歩かせたものの走塁ミスもあり、結局3人で抑えます。

 

f:id:minato920:20150524114707j:plain

 

 するとその裏、先頭打者の9番武田がレフトを超えるソロアーチ。これで完全にダメが押されました。

 

f:id:minato920:20150524114718j:plain

 

 そして最終回、マウンドに上がったのはマエストリでした。確かに四国アイランドリーグ(香川)の出身者、顔見世にはなるでしょうが、本来なら一軍の中継ぎに入っているはずの投手です。一軍が低迷する中で、妙に余裕があるなぁと首を傾げたくなりました。

 

f:id:minato920:20150524114728j:plain

 

 なのですが、そのマエストリはいきなり四球とヒットを許し、2アウトには漕ぎ着けたものの代打のカニザレスのタイムリーで1失点。一軍首脳陣の苦悩が思い浮かびます。

 

f:id:minato920:20150524114732j:plain

 

 とはいえ、ホークスの反撃もこれまで。最後は牧原をピッチャーゴロに仕留めて試合終了。一軍ともども二軍も振るわないオリックスでしたが、この日は8-1で大勝しました。

 2日目の観戦報告は稿を改めて。